韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 19話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 19話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

オンジュ(正祖王子の叔母)が持って来た薬を飲んで、高熱を出し、呼吸が速くなり、倒れる英祖王。薬の効果なのか…、違うのか…。違う薬を飲ませた方がいいのか。そのまま飲ませた方がいいのか悩み、そのままその薬を飲ませる決断を下す正祖王子(イサン)。

英祖王の頭にのせたタオルを変える時に、タオルが冷たいのに気づき、医師を呼ぶ正祖王子(イサン)。
熱も下がり、脈も正常に戻り、峠を越した…と医師が…。
回復する英祖王。

一方、トファソの絵士が忙しく、提出期間が迫っている絵の作成をソンヨンに任せるトファソ責任者。
王を蘇生させた功労で、オンジュ(正祖王子の叔母)を宮殿に戻すよう英祖王に頼む皇后。

お前に王の代理をさせ、国事をさせる…と正祖王子(イサン)に言い放つ英祖王。
自分に国事を任せられるなんて…と断る正祖王子(イサン)に、何日間、国事をうまく処理した。それと変わらないから大丈夫だ…と言い放つ英祖王。

忠臣の前で、正祖王子(イサン)に、王の代理をさせ、国事を行う権限を委譲する。お前達も正祖王子(イサン)を助けろ…と言い放つ英祖王だが…。王が元気なのに…と反対する忠臣達に、お前達の目には元気に見えるが、かなり悪い…と押し通す英祖王。

正祖王子(イサン)に王の代理をさせ、その場で、正祖王子(イサン)が無能なことを証明しろ…と配下達に命じる皇后。

正祖王子(イサン)を呼ぶ英祖王。
覚えておけ。俺の為の政治をするな。臣下の目を気にして政治をしても駄目だ。お前が王なら何をするのか…誠心誠意力を発揮しないといけない…と正祖王子(イサン)にアドバイスする英祖王。

何で何も言わないのか…と聞く正祖王子(イサン)に、会った時に、私に野心が見えるとおっしゃいました。その時、私も王子の目の光で感じたことがあります。やはり、野心です。王子が欲心を持っているということではありません。王子の心には他の志が…。それが何んなのかは私も分かりませんが…。王子はその志を成し遂げようとする野心を持っておられます。そして、今、その時が来たのを誰よりも知っています。そうじゃないですか…と答えるホングギョン。次話へ。

スポンサーリンク