韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 36話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 36話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

食料と武器を手に入れる為にヨンムンが30名程度で出発したと海賊から情報を得るチャンボゴ。
今から追うには遅すぎる。夜になったら(海賊船)を攻撃する・・・と配下に言うチャンボゴ。
海賊船を攻め落すチャンボゴ。
今からでも志をひとつにすれば、天下を取れる・・・と誘惑するイドヒョンを切るチャンボゴ。

新任ムジンチュ道督キムヤンが・・・着任する。
会いに来たチャミ夫人を待たせる・・・キムヤン。
会わないと伝えろ・・・と配下に・・・。

青海のキムジン(王族)に会いに来たキムヤンだが、そんな余裕があるなら仕事をしろ・・・と言い放つキムジン。ムジンチュで反乱を起こしたキム氏の末裔だ。俺の父が世話をした。生き残る為には何でもするヤツだ。近くに置きたくない・・・とチョンファに言うキムジン。

ヨンムン配下が、チャンボゴが海賊が投降すれば、助けてくれると聞いて来た・・・と。
どうやって信じられるか・・・と言う師匠に、海賊の頭目の首です・・・と。
チャンボゴ暗殺の為に、潜入させたヨンムン配下だ。

今から、青海を攻め、チョンボゴと護衛武士を殺す・・・と配下の前で叫ぶヨンムン。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .