韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 37話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 37話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

投降した海賊が護衛を殺して逃げたとチャンボゴの元に情報が・・・。
武器を確保するヨンムン配下だが、そこへチャンボゴが・・・。
捕まえた海賊から情報を聞きだし、青海に上陸するヨンムンを待ち伏せするチャンボゴ達。
大きなダメージを受けながら、逃げ出すヨンムン。
どんどん、チャンボゴに投降してくる海賊達。

ムジンチュ道督キムヤンの要請で師匠と一緒に会いに行くチャンゴ。
海賊の一掃は俺がやるから手を引け・・・商売だけやっていればいいではないかと言うキムヤンに、海賊の為に数百の護衛武士が死にました。自分の手で恨みを晴らさないといけませんと言うチャンボゴ。
適任者はチャン長官しかいません・・・と言う師匠。
王から権利を貰ったのだから、俺の命に従う必要はない。俺はお前を支援したいが、支援することはないかと言うキムヤンに、矢じりを出し、海賊が使っていた矢じりです。ムジンチュ軍隊の物だから、ムジンチュ軍隊の中に海賊と内通するものがいるはずです。チャミ夫人が海賊と内通していると考えられます。軍隊の中で、この矢じりをチャミ夫人に横流している者を見つければ、チャミ夫人の罪を明らかにすることが出来ますと言うチャンボゴ。

お金に興味がないと聞いたので、違うものを準備しました・・・とムジンチュ道督キムヤンに、ヨンムンを引き渡すチャミ夫人。護送されるヨンムンを救出するヨンムン配下とチャミ夫人護衛。
ムジンチュ道督がチャミ夫人の元に・・・。王が知ったら・・・と脅迫するチャミ夫人に、夫人に借りができたから、その内に返します・・・と笑うキムヤン。

海賊の本拠地に侵入し監視するチャンボゴ。
訓練する海賊達。
陸地で攻撃しては逃げられる、船上決戦に持ち込まないといけない・・・と配下に言うチャンボゴ。
海賊船に向けて、大量の火矢を放ち、海賊船に切り込むチャンボゴ達。
ヨンムンと戦い勝つチャンボゴ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .