韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 39話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「海神(ヘシン)」 39話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チェスジョン(チャンボゴ/クンボク役)、キムフンス(チョンニョン:クンボク友)、チェシラ(チャミ夫人役)、ソンイルグック(ヨンムン/ヨムジャン役)、スエ(チョンファ)、チェジョンアン(チェリョン役:ソルピョンの娘)、パクヨンギュ(ソルピョン役:商人)、チュンダル、ヨナ、イジェヨン(チョジャンギル役:剣闘士商人)、キムイジュン(ペクハジン:チェリョンの護衛)、キムカブス(イドヒョン役:海賊、商団)

奴隷として扱われているヨンムンの元へ行くムジンチュ道督キムヤン。
自分の配下の武術が一番優れている者とヨンムンを戦わせ、勝ったヨンムンを秘密部隊にするムジンチュ道督キムヤン。

秘密裏に青海を視察するヨンムン。
婚姻するチョンニョンとハジン。

帰って来たヨンムンに、チャンボゴは剣で殺せる人物ではなくなった。チャンボゴを殺したかったら、お前が変わらないといけない。俺はお前にチャンボゴを殺す機会をやるから、俺に従うか・・・と聞くキムヤン。海賊のヨンムンは死んだ。今からお前の名前はヨンムンじゃなく、ヨムジャンだと言うキムヤン。

唐のファン大臣商団がチャンボゴを直接尋ねて来た。
ファン大臣は、チャミ夫人と取引し、唐に反物を納品して来た・・・とチェリョン。
唐のファン大臣と取引することになるチャンボゴ。

商税を取らないということで、ムジンチュの商人も青海に移動している・・・と。
このまま行けば、ムジンチュ市場は終わる・・・とチャミ夫人に・・・。
チャンボゴが開催する商団長会議に、参加したいと来るチャミ夫人。
参加の許可を与えろ・・・とチャンボゴ。

商団長会議で。
集まり頂いたのは、皆の力を集め、取引を拡大する為です。これから皆さんが取引するのは外国と唐の大商人です。私と志を同じにする商団は助けますが、反抗する商団があれば力ずくで治めます。私は1万の兵を持つ権利を持っています。青海の兵は、単純な兵ではなく、商売もします。青海では身分に関係なく、各自の能力で成功できますと言うチャンボゴ。

チャンボゴに勝つには・・・と聞くヨンチャン(ヨンムン)に、チャンボゴよりも大きな権力を持てばいい。チョンボゴを殺すのは剣じゃなく、権力だけだ。寺で心を治めて来い・・・と言うムジンチュ道督キムヤン。
チャンボゴが身分のない平等な世界を作ろう・・・と言っているとチャミ夫人が、貴族を動かしチャンボゴを落す計略を立てる。ソルピョン商団長の忌日に行く寺の視察で・・・。そこで、ヨンムン(ヨンチャン)を見かける師匠だが・・・、気が付かない・・・。寺を守るチャンボゴの兵。兵の間に立つヨンムン。チェリョンと共に寺に来るチャンボゴ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 海神 and tagged .