韓国ドラマ「王と私」 20話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 20話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官

私達は罪人です。私達は潔白ですが、怪文書が宮殿に流れ騒がせた事は明白です。罪を問われれば、罰を受けます。しかし、その前に、事実を明白にしなければなりません・・・と言うユンスギ様(ソファ)。誰が犯人か分かるまで謹慎しろ・・・と言う成宗王 (チャウルサングン)の母。

チョソンの手柄で、貼り紙を張った張本人(スバンサングン)を見つけ出すが、既に宮殿を逃げだしていた。口を封じる為に、ソリョン配下(スバンサングン)を殺すハンス。

スバンサングンの宝石箱に、チュンジョンの指輪が・・・。
側室のふたりを呼び、チュンジョンから貰った指輪を出すように言う成宗王 (チャウルサングン)の母だが、ふたりとも失くしたと言うのであった。(ソファは持っているのだが・・・)。
4日以内に見つけて来ないと宮殿の外に出す・・・と言う成宗王 (チャウルサングン)の母。

ウォラ(チョソンの母)を呼び、ハリの刺された人形を見せる成宗王 (チャウルサングン)の母。
宮殿内に騒乱を起こさせる為に、目につく所に置かれたのだと思います・・・と言うウォラ。

スギ(ソファ)の寝室に人形を忍ばせるソリョン配下。それを見つける成宗王 (チャウルサングン)の母の配下。スギ、これが何か分かるか・・・と聞く摂政(王妃)に、分かりませんと答えるスギ(ソファ)だが。罪人を出せ・・・と成宗王 (チャウルサングン)の母。
ご懐妊した・・・とヤンソンユン薬士長。今回の件は、見逃す・・・と成宗王 (チャウルサングン)の母に言う摂政(王妃)。

子供が出来たことを知っていたはずなのに、何で王室に報告しなかったのか、分からないと内侍部長チョチギョムに言うヤンソンユン薬士長。

ユンスギ(ソファ)を尋ねる内侍部長チョチギョム。
スギ様を誤解していたことを謝罪しに来ましたと言う内侍部長チョチギョム。
お腹が大きくなる前に、チュンジョンの位置を決めて欲しいと言うスギ様のお心を悟りましたと言う内侍部長チョチギョムに、お腹の子供のお陰で、チュンジョンの位置に上がることを望みません。家門の力のない者が上がれば、王の力になれませんと言うスギ(ソファ)。
では、誰がいいと思っているのですか・・・と聞く内侍部長チョチギョムに、ピョンジョチャムジの娘ユンスギをチュンジョンにしたいと思いますと答えるスギ(ソファ)。

誰の命を受けて、スバンサングンを殺したのか。プオングンか、パンウィブサか・・・と聞く内侍部長チョチギョム。処断しようとする所へ、内侍部長チョチギョムの養父が・・・。
お前の弟を殺すというのか。ハンスを養子にする・・・と言う内侍部長チョチギョムの養父。
家門の為に、俺の命令でハンスがやったと言うチョチギョムの養父。

スギ様に聞きたいことがあります。何で懐妊されたことを黙っていたのですか・・・と聞くチョソンに、王が聖君になれるなら、宮殿から出されようが後悔しない。王に忠誠を誓って生きるのが宦官の使命なら、それが側室として、私が歩く道です・・・と答えるスギ(ソファ)。

成宗王 (チャウルサングン)と散歩するスギ(ソファ)。
雷が鳴り、突風が・・・。苦しむスギ(ソファ)。
雷鳴が轟く中、子供を産むスギ(ソファ)。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .