韓国ドラマ「王と私」 21話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 21話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官

王子が誕生した…と成宗王(チャウルサングン)に報告するチョソン。
チュンジョン(正室)に成れない側室が王子を出産されたので、宮殿の中に騒乱が起こるはずだとチョソンに言う内侍部長チョチギョム。

ユンスギ様(ソファ)の寝室で。
成宗王(チャウルサングン)からの薬を持って来たチョソン。スンスギ様(ソファ)の子供を抱きながら、お子様は聖君になれる相を持っています…と言うチョソン。私が王子を守ります…と言うチョソン。

オムスギ(側室)をチュンジョン(正室)に選んでください。そうすれば、院相制(幼少の王の代わりに忠臣が政治をする制度)を廃止します…と摂政(王妃)に言うプオングン代官。
内侍部長チョチギョムに相談する摂政(王妃)。
オムスギ(側室)はプオングン代官が押す側室です。オムスギ様がチュンジョンに成れば、プオングン代官の思い通りになります。王室の権威を守る為に、プオングン代官と戦うことがこの国を守ることになりますと進言する内侍部長チョチギョム。

ユンスギ(ソファ)のお粥に、毒を混ぜるソリョンの配下。
お粥を食べ、苦しむユンスギ(ソファ)。
今回の事は誰にも知られてはいけない…と配下とユンスギ(スッキョン)に釘を刺すユンスギ(ソファ)だが…。ユンスギ(ソファ)が自作自演の事件を起こしている…という噂が…。
成宗王(チャウルサングン)の母に、全て、ユンスギ(ソファ)の自作自演の事件だと吹き込むハンス。

口から口に伝えているのだから、たどっていけば犯人がわかるはずだと言うチョソンに従い、調査を開始するチョソンの友。
お前は母の資格がない。ヨンジョン(王子)を出せ…と、ユンスギ(ソファ)に言い放ち、連れて行く成宗王(チャウルサングン)の母。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .