韓国ドラマ「王と私」 27話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 27話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官
ヤンソンユン(薬士長)

不正を犯した各部の責任者は退職しろと叫ぶチョソン達を殴るチョン長官(ハンス)配下。
その様子を見ていて黙っていた宦官達も、不正を犯した各部の責任者は退職しろと叫びだす。
内侍部を改革する我々の志は武力では防げない・・・。不正を犯した各部の責任者はすぐに退職しろ・・・と叫ぶチョソン。

チョソンを呼ぶ内侍部責任者達。
我々は権威に挑戦しているのではなく、不正を正し内侍部を立て直しているのです・・・。宦官になった初めての日の王に忠誠を誓う宦官の自尊心を持てという言葉を心に刻んでいます。内侍部の不正を正すことは誰かに命令されてやるのではなく、王に侍る宦官の責任だと考えます。私はここに座っていらっしゃる各責任者が数年間に渡り不正を犯した事実を知っています。我々が明かす前に自ら退職するのが正しいと思います。万一、内侍部長が前王を毒殺したなら、前面に出て罪を問います・・・と言い放つチョソン。

数日後に開かれる内侍部OB会に対抗できるように、多くの人が我々の志に同調するように頑張らないといけない・・・と同志に言うチョソン(オマンソク)。

チョソンを呼ぶ成宗王(コジュウォン)。
何で、内侍部に騒乱を起こしているのか・・・と聞く成宗王に、改革をしようとしているのですと答えるチョソン。改革の名で、内侍部長を助けようとしているのではないか・・・と聞く成宗王に、内侍部長は私の父だから、私が改革をしようとする大義名分の中には、勿論、そいうこともあります。しかし、私は宦官として王と王室の為に立ち上がったのです。内侍部は、私利私欲があってはいけない立場です。しかし、今の内侍部は、王室よりも忠臣と手を結び、家門を守ることと私利私欲で動いています・・・と答えるチョソン。
チョソン、内侍部とお前の命を担保に、内侍部の改革を命じる。内侍部が忠臣との手を切った後に、俺も忠臣達の改革を開始する。王の期待を裏切るな・・・と言い放つ成宗王(コジュウォン)。

ノサンソ老人(チョソンの祖父)の家を訪ねるチョソン。
貴方と和解がしたくて来ました。内侍部OB会議の開催を取り消してください。内侍部は、古い構造を捨て、王に侍る集団に変わろうとしています。それなのに、貴方は、内侍部OB会議の名目で、家門を守ることをされようとするのですか。貴方は、内侍部OB会議を主導し、父を退職させるのなら、私と志を持つ若き宦官達がほっときません。小さい力ですが、大義名分を忘れなければ、必ず、内侍部の改革を成す事ができます・・・と言うチョソンに、好きなようにしろ。しかし、内侍部OB会議が終われば、お前とチギョムの首を差し出さないといけない・・・と言うソサンソ老人。
父と私の首が落ちたとしても、内侍部を改革するという大義名分がある限り、貴方が内侍部を掌握することはできません。貴方の志はよく分かったので、帰ります・・・と言って去るチョソン。

チョソンを拉致し、土の中に埋めようとするチョン長官(ハンス)配下。
チョソンに付きまとう侍女が知らせ、チョソンの同志達が助けに・・・。

内侍部OB会議が始まる。
今回の会議は、内侍部長チョチギョムを退職させ、新しい内侍部長を決める為に開いた・・・と言うノサンソ老人。内侍部長チョチギョムの退職に賛同する老人達。これで、内侍部長チョチギョムの退職は決議された・・・と言うノサンソ老人。そうはできません・・・とチョソンを先頭に、若い宦官達が・・・。
我々は、内侍部OB会議の判決に反対します・・・。我々は内侍部の名で、内侍部OB会議を弾劾しますと叫ぶチョソン。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .