韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 28話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 28話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

キムキジュ(チャスンジ:皇后の兄)を監禁している間に、物証を探すよう、テス達に命じるホンクギョン。一方、正祖王子(イサン)の母に、オンジュ様を調べて欲しいと願い出るホンクギョン。
オンジュに会った感じで、オンジュが今回の事件と関係があるみたいだ。オンジュを監視する必要がある・・・とホンクギョンに話す正祖王子(イサン)の母。

ホンクギョンを呼ぶ正祖王子(イサン)。
思った程簡単じゃなく物証を取れていません・・・と言うホンクギョンに、キムキジュが簡単に口を割らないのか・・・と聞く正祖王子(イサン)。王子に嘘をついた自分を許してくださいと言うホンクギョンに、心配するな。俺を守るという忠誠でそうしたことをよく知っている。今回の件はお前に全て任せようと思っていたが、お前がひとつ忘れているようだから呼んだ。お前がキムキジュを監禁した理由が何だ。あいつらを圧迫し、動かせようとしたのではないか。王から権利を得たということは願えば何でもできるということだ。何を言っているか分かるか・・・と言う正祖王子(イサン)。

チョンフギョム等、皇后の配下の全てを国軍に監視させるホンクギョン。
国軍を動かせるのは王だけだ。キムギジュが吐いたのではないか・・・と錯覚するチョンフギョムとオンジュ。
10日間、誰にも会わないで欲しい・・・と英祖王に頼むホンクギョン。
自分が送った者は気に入りましたか・・・。山でうさぎを捕まえたんだが、多くの獣を知っていると。後はその獣を捕まえるだけだ・・・とチョンフギョムに言うホンクギョン。

オンジュ(叔母)を捕まえた時に俺が言ったことを覚えているか。俺が表にでないのは、何を知ることになるか怖いからだ・・・。自分の目で確認しないといけないことなのだが・・・。何でも受け入れる。それが、宮殿で生まれた正祖の運命だから・・・と配下に言う正祖王子(イサン)。

この書簡をチョンフギョムの家に秘密裏に投げ込めとテスに命じるホンクギョン。
今回の件を主導したのは、キムギジュとチュンジョン様ではないですか。責任を取るふたりがいるのに・・・とチュンジョン様を裏切る方向で上の者を説得しようとするチョンフギョム。
チョンフギョムの家に書簡を投げ入れ帰る途中に、顔を隠した女性(チュンジョン)を見かけるテス。
チョンフギョムの家に入るチュンジョン。私の兄が簡単に口を割ることはない。明らかになるまで待つように配下に伝えろ・・・とチョンフギョムに命じるチュンジョン。出てきたチュンジョンを尾行するテス。
チュンジョン様であることを確認し、ホンクギョンに伝えるテス。

正祖王子(イサン)に会うホンクギョン。
今夜、誰かが秘密裏にチョンフギョムの家に入り、接触したのを確認しました。チョンフギョムを訪ねたのはチュンジョン様でした・・・と正祖王子(イサン)に伝えるホンクギョン。
次話へ。

スポンサーリンク