韓国ドラマ「ロビースト」 最終回

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ロビースト」 最終回あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ジュホ/ヘリ役)、チャンジニョン(ソヨン/マリア役)、ハンジェソク(カンテヒョック役)、ホジュノ(ジュイムスリー役)、キムミスク(チェ役)、ユソン(エバ役)、チェチャヘ(スジ役)

ヘリ配下がマイケルの車から、マダムチェ殺人の証拠(ナイフ)を見つけ、警察から解放されるヘリ。
一方、エバ事件の事は否定するが、ハンソンとの不法ロビー活動の証拠で警察に拘束されるチャンテソン議員。

ジュイムスリーがマダムチェ殺人を指揮した、ジュイムスリーはCIAのスパイだと警察に言って、ジェイムスリーの配下に殺されるマイケル。

レストランで。
お前は絶対に許さない。お前が罪を償うまで、放棄しない・・・とジェームスリーに言って去るヘリ。

イ海軍長官を酔わせ、ヘリの元へ連れて行くヘリ配下。
イ海軍長官に核潜水艦の説明を始めるヘリ。
そこへ、キム会長が・・・。

米国は韓国が核潜水艦を持つことに反対だ・・・。核潜水艦を持つなら、米軍は全て撤退するとイ海軍長官を脅迫するCIA。結局、第一重工業の潜水艦に決定してしまうのであった。
いつかは必ず核潜水艦事業を成功させる・・・とキム会長に誓うヘリ達。

3000トン潜水艦、第一重工業のロビーストがジェームスだとソン記者から知らされるマリア。
ソン記者が持って来たカンテヒョックの手紙を読むマリア。
エバを殺させたのは、俺の父だった。許して欲しい。そして、その中心人物がジェームスだ・・・と。

ジェームスの船上パーティー会場に向うマリア。
ヘリに電話し、貴方がいてくれて良かった。愛している・・・と電話を切るマリア。
異変に気付き、病院に急ぐヘリ。マリアの病室にあるテヒョックの手紙を読み、パーティー会場に急ぐヘリ。

船上パーティーに入り込み、ジェームスの頭に銃を突きつけるマリア。
そこへ、ヘリが・・・。
復讐の為にお前の人生を壊さないと誓ったじゃないか・・・と言うヘリに、こいつを殺せるなら誓いなんかどうでもいい・・・と叫ぶマリア。隙をつかれ逆にジェームスの人質になってしまうマリア。
マリアがジュームスを振りほどき、相撃ちになるジェームスとヘリ。
倒れるジェームス。銃を構え、仁王立ちになるヘリ。マリアが駆け寄り崩れ落ちるヘリ。

・・・歳月が流れ・・・
キルスタンの子供達に英語を教えているマリア。
そこへ、ヘリが元気な姿で現れる・・・。
・・・完・・・

スポンサーリンク