韓国ドラマ「王と私」 29話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 29話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官
ヤンソンユン(薬士長)
出世の為に、命を奪った。幼い命を失ったのに涙も流さず、説法だけを説くのですか…。誰も我々の志を挫くことはできない…とチョン長官(ハンス)に迫るチョソン。
そこへ来て、葬式の霊歌を歌い、やることはやったから、後は好きなようにしろ…と言って去るヤンソンユン(薬士長)。

チョソン達を一掃しろ…と配下に命じるチョン長官(ハンス)。
そこへ、内侍部の護衛がチョソン達を助けに来る。
内侍部の門を開け、中に入るチョソン達。
我々は命を掛けてここまで来た。改革を約束した責任者達を信じたが、俺達を騙し、幼い命を…、ケトンの命を無駄にしない。俺達の手で内侍部を改革する…。今夜までに、俺達の手で、内侍部長の潔白を証明し、責任者の罪を問う…。内侍部責任者を確保しろ…と叫ぶチョソンであった。

成宗王の母君を利用し、成宗王の介入をさせようと企てるチョン長官(ハンス)だが…。
彼らは、王の信頼を信じ、内侍部を正そうとしているのです。介入して制圧したら、命を掛けて王に忠誠を誓いますか…。信じて待ってあげてください…と言うチュンジョン(ソファ)の助けで、企てに失敗するチョン長官(ハンス)。

内侍部OBと責任者達の内侍部長を貶める…という決議書を成宗王に提出し、証拠のない計略でした…と言うチョソン。これだけでは、潔白は証明できない…と言う成宗王に、内侍部長の潔白の署名を集めています…と報告するチョソン。誰がなんと言おうとお前を信じる。チュンジョン(ソファ)も信じている。俺とチュンジョンを失望させるな…とチョソンに言う成宗王であった。

成宗王に会う内侍部長チョチギョム。
剣を受け取り、俺は内侍部長の自決しろという命を取り下げる。内侍部長が返したこの剣で忠臣の改革をすると言う成宗王に、内侍部は、王の為に動きます…と言う内侍部長チョチギョム。

いつか、毒殺説の真実を知りたいと言ったじゃないか…。その書簡に王を殺した者の名前が書いてある…とチョソンに、書簡を渡すヤンソンユン薬士長。
父上、前王を毒殺した者が分かりました。この書簡の中に、前王を毒殺した者の名前が書いてあります…と内侍部長チョチギョムに言うチョソン。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .