韓国ドラマ「王と私」31話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」31話のあらすじ(ネタばれ)です。

王から内侍部への復職依頼が来て、内侍部長チャンスンムに復職願いを伝えるチョソン。
養父チギョムを訪ね、母ウォラを訪ね、内侍部の友達達を訪ねるチョソン。

幼いキセンに暴力を振るおうとするテガンス イドン(王族)を止め、私は王に仕える宦官です。私に罪があれば罰を受けます。しかし、酒に酔い、幼いキセンに暴力を振るうテガンス様も罪を逃れることはできませんと言い放つチョソン。去るテガンス イドン(王族)。

出兵についてどう思う。民の為に…と思って来たが、民の意見を聞いたことがないと言う王に、今でも遅くはありません。民の民心に耳を傾ければ、その答えを探すことができます…と答えるチョソン。

ヤンソンユン薬士長に、民を生かす最高の医術は薬草じゃなく、民を腹いっぱい食べさせ、恨みを晴らしてやる政治でした…と言うチョソン。

侍女を妊娠させた者を探し出せ…と内侍部長に命じるチュンジョン(ソファ)。
部屋でヒゲを抜くチャチナ。誰でも王と王室を欺瞞する大罪を犯したから、早く犯人を捜さないといけない…とチョソン。

内侍部内の秘密通路を通じてチョソンと秘密裏に宮殿を出る王。
食堂で。
他の国の為に派兵をするなんて…、この国の政治は誰の為にあるのか…。大義名分のない戦いに出すなんて…と言う老人。

オサングン様(チュンジョンの侍女)が失くされた、お子様が分かりました…とチギョムに言うクンピョだが…。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .