韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)130話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)130話のあらすじ(ネタばれ)です。

自らの死を持って起死回生の気運を呼び込む為に、唐に戦いを挑むテジュンサン将軍。
テジュンサン将軍を殺してはいけない…。生かして捕まえろ…と言うシンホンだが、結局、イヘゴ将軍がテジュンサン将軍を刺してしまう。父上…と叫ぶテジョヨン将軍。
テジュンサン将軍を助けろ…と一丸になり、テジョヨン軍に火がつく。テジュンサン将軍を見つけるテジョヨン将軍だが、俺が出来る唯一の方法だった…と息絶えるテジュンサン将軍。

渓谷を逃れないといけない…と言うミモサだが…、俺はここで戦う。この渓谷なら最後まで戦える。去る者は全て行け…と配下に言い放つテジョヨン将軍。最後まで将軍といます。将軍と共に死にます…と叫ぶ兵士達。敵が残っている以上、生きてここを出ない…と叫ぶテジョヨン将軍であった。

一方、マルカル族を率い、ソリンギ将軍のいる本陣を奇襲し、制圧するコム。
テジョヨン軍の気勢に押され、本陣に退却するイヘゴ将軍、イムン将軍だが…。
戻って来た唐兵に矢を放つマルカル族。北、南に逃げるイムン将軍とイヘゴ将軍。

兵が残り1000名になり、意気消沈するイヘゴ将軍。
全て終わった。天はイヘゴを捨て、テジョヨンを選んだ…と。
好きな所に行っていい…と言うイヘゴ将軍に、一瞬でも愛を捨てたことはない。恨んでも将軍を愛していました。誰もいない所に行って、将軍と静かに過したい。私の最後の願いです…と言うチョリン。

コムにイムンとソリンギを追撃するよう命じ、、自らは、イヘゴを追撃しに向かうテジョヨン将軍。
一方、テジョヨンの追撃を知ったシンホンは、今夜、静かにここを離れないといけない…とイヘゴ将軍に言うが…。逃げない…と言うイヘゴ将軍に、テジョヨンと戦うなら私を切って行ってください…と身を挺して…。

テジョヨンの陣営で。
イヘゴ、お前の最後を他の人に任せられない。俺が直接殺す…とひとり叫ぶテジョヨン将軍。次話へ。

スポンサーリンク