韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)131話

スポンサーリンク

KBS韓国ドラマ(大祚栄:テジョヨン)131話のあらすじ(ネタばれ)です。

イヘゴ将軍配下ソルゲドゥ率いる兵に待ち伏せに会い、戦闘に突入するテジョヨン軍。ソルゲドゥを斬り捨て、兵を一掃し、イヘゴを追跡するテジョヨン将軍であった。

一方、イヘゴ将軍配下に、ヨ河城はテジョヨンが調べたはずだから、明日、将軍を連れて、行け…と命じるシンホン。
シンホンを呼ぶイヘゴ将軍。俺の元を去ってくれ。俺にはチョリンだけいればいい。お前に悲惨な死を見せたくない…と言うイヘゴ将軍に、将軍の命に従います。生きてください。先に死んで行った部下の為にも夢を捨ててはなりません…と言うシンホン。

シンホンがテジョヨンを引き付けている間に、ヨ河城に入るイヘゴ将軍とチョリン。
一方、テジョヨン軍の追撃により捕まるシンホン。イヘゴはどこだ…と言うテジョヨン将軍に、ヨ河を越えてヨンジュに向かったと言うシンホン。

策士は、策に溺れる…とシンホンを処刑しろ…と命じるテジョヨン将軍。
処刑場に連れて行かれる途中で、主人に最後の挨拶をさせてくれ…と兵に言うシンホン。
北方に向かって挨拶をしているところへ、テジョヨン将軍が現れる。
イヘゴは、北方に隠れている。ヨ河城に隠れているはずだ…と言い放つテジョヨン将軍に、驚くシンホン。
驚くところを見ると…将軍の考えがあっているみたいです…と言うミモサ。
石を持って殴りつけようとするシンホンを斬り捨て、イヘゴの行方が分かった。俺に続け…と叫ぶテジョヨン将軍。

ヨ河城に到着するテジョヨン軍。
外にテジョヨンが来ている。俺が行く道は決めた。夫人はどうする…と聞くイヘゴ将軍に、毒の入ったビンを懐から出し、私と分け合って飲みますか。将軍と一緒に行きたいです。二度と離れずに永遠に一緒にいたいですと言うチョリンだが…。
夫人と一緒なら死んでも幸せだ。しかし、俺は武将だ。自尊心の為に、どんな困難も避けない。テジョヨンと戦いたい。恨み、復讐じゃなくて、宿命としてそうしなければいけない。少し待っていてくれ。テジョヨンに勝って戻る…と城を出て行くイヘゴ将軍。

勝者、敗者ではなく、テジョヨンとイヘゴとして、最後の勝負をしないか…と叫ぶイヘゴ将軍に、相手をしてやる…と馬を降りるテジョヨン将軍。お前は、父、フクストル、ケピルサムン、クムランを殺した。お前を直接俺の手で殺して恨みを晴らす…と言い放つテジョヨン将軍に、俺の挑戦を受け入れてくれてあり難い…と戦うふたり。次話へ。

スポンサーリンク