韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 31話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 31話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

父(サドセジャ)の墓の前で、誰も恨んではいけない…と言う父の言葉を思い出し、これ以上無理です…と泣く正祖王子(イサン)であった。
一方、チュン宮から出れなくなったチュンジョンに変わり、反逆者達の主導権を握るウンジュ(正祖王子の叔母)。

王子は大丈夫ですか…と聞くテスに、まだだ。時間が必要だ…と言うホンクギョン。
その間に王子への贈り物を準備する。全ての者の動き、どんな人物が近づくか…全て調べろ…とテスに命じるホンクギョンであった。

酒場でひとり酒に酔う正祖王子(イサン)。
そこへ、テスとソンヨンが…。
お前達に会えて嬉しいのに、何で泣くんだ…とソンヨンに言い、酔いつぶれる正祖王子(イサン)であった。

立ち直る正祖王子(イサン)。
チュソクチュ大臣(反逆者のナンバー2)に会い、ホンクギョンが宴会の関係者を調査しています。ホンクギョンが調査している中には大臣も入っています…と大臣を脅す正祖王子(イサン)。次話へ。

スポンサーリンク