韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 33話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 33話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

正祖王子(イソジン)の部屋で。
ソンヨンの事(中国の画院に留学した事)を聞く正祖王子(イソジン)に、ピングン(正祖王子の正室)に描いた絵を見て、才能を感じ、父に自分が頼んだ…と答える正祖王子(イサン)の母。
ところで…と、ピングンと温泉にでも行って来ることを勧める母親。

王子の配下から正祖王子(イサン)が温泉に行く事を聞き、いい機会ですと賛成するホンクギョン。
それよりも、チョンフギョムが中国に行ったのが気がかりです…と王の配下に言うホンクギョンであった。
一方、中国に着いたソンヨン達。何の目的があるのか、ソンヨンを部屋に呼び、困ったことがあればいつでも来なさい…と言うチョンフギョム。

温泉に行く事を伝える正祖王子(イサン)に、お前が忠臣を掌握するまで死なないから心配するな。その間に、どうやって、忠臣を掌握するか考えて来い…と言う英祖王。
忠臣達を一緒に連れて行きたい…と王に進言する正祖王子(イサン)であった。

中国画院に連れられて行くソンヨンだが…。
女性は駄目だ…と言われたと正祖王子(イサン)の祖父(正祖王子の母の父)に報告する正祖王子(イサン)の祖父配下。朝鮮に連れて帰るしかないと言う配下に、絶対に朝鮮に連れて帰れないと言う正祖王子(イサン)の祖父であった。

チュンジョン(英祖王の正室)の茶が飲みたい…と配下に言う英祖王。
お茶を持って来たチュンジョンに、キムキジュを最近見かけないが、どこかに遊びに行っているのかと聞く英祖王(牢獄に入っているのも忘れ)。会って頂いて、なんとお礼を言っていいか…と言うチュンジョンに、会わないとはどういうことだ…と聞く英祖王(ボケてしまったのだ)。

一方、温泉地で。
忠臣を集める正祖王子(イサン)。
休暇で来たのでは…と言う忠臣に、休暇に来たのではない…と言い放つ正祖王子(イサン)。
以前、王が、忠臣の顔を見て、何を考えているか分からないといけない…と言われたことがある。お前達は、今、正祖は何で俺達を連れて来たのか。何を考えているのか…と考えているんだろ…と忠臣達を脅す正祖王子(イサン)であった。

ピングン…と。
ソンヨンのことを心配するピングンに、ソンヨンが堂々と頑張っていることを思えば、自分も頑張らないといけない…と思うと言う正祖王子(イサン)。遠くにいても、王子の力になっているのに、私は…と落ち込むピングンに、そんなことはない。ソンヨンを見守っていてくれて、あり難いと思っている…と言う正祖王子(イサン)であった。

英祖王に会いに来たチュンジョン。
すぐに帰れ…と怒鳴る英祖王。昨日、私の寝室に…と言うチュンジョンに、何を言っているんだ。命令を破ったら宮殿の外に追い出す…と言い放つ英祖王であった。

酒場で酒を飲んでいるテス。遊びに来るなんて税金泥棒だ…と正祖王子(イサン)の悪口を言っている男に挑み負けるテス。護衛の先輩達を連れて行くが同じようにやられてしまう。それを知り、その男を連行させる正祖王子(イサン)。俺はイムドクと言う…。賭けをしよう。俺はこいつ(護衛)に掛けるから、お前は友に掛けろ…。50両でどうだ…と言う正祖王子(イサン)に、負けたら、敬礼することにしよう…と言う男。男と戦う護衛だが…。初めて見る武術だ…と配下に言う正祖王子(イサン)。
負ける護衛…。次話へ。

スポンサーリンク