韓国ドラマ「ニューハート」 1話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ニューハート」1話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン(イウンソン役)、キムミンジョン(ナムヘソク役)、チョジェヒョン(チェカングック役)、イジフン(イドンゴン役)、チョンホグン(ミンヨンギュ役)、チャンヒョンソン(キムテジュン役)、イギヨン(キムチョンギル役)、チョンドンファン(パクジェヒョン役)、パクグァンジョン(キムヨンフィ役)、パクチョルミン(ペテロ役)、カンジフ(ウインテ役)、シンドンミ(チョミナ役)、キムジュンホ(ソルレヒョン役)、チョンギョンスン(チョボクキル役)、イウンギョン(キムヘソク役)

父との会食の場で。
院長就任おめでとう…と入っていくヘソク(キムミンジョン)。外科になりたい…と言う娘へソクに、大変だから内科にしろと言う父(院長)。怒って出て行くヘソク。

堤防で、魚釣りをするチェカングック(医者)。騒いでいる他の釣り人と喧嘩し、おでこを切り、海松病院でイウンソン(チソン)から治療を受けるチェカングック。そこへ、急患が運ばれて来る。他の同僚と病名について討論しているイウンソンを横目に、病名を見抜き、病人を手術するチェカングックだったが、応急処置をし、ソウルに送れと言うチェカングック。

追いかけ、緊急な患者を置いて逃げるんですか…と言うイウンソンに、患者に選択を与えたんだ。患者に聞け、俺の手術を受けたいのか、ソウルに行って受けたいのか…と答えるチェカングック。
患者が俺を望まないのに、強制的に手術したとして、生きればいいが、死ねば、罪に問われる…と言うチェカングックに、じゃ、何で手を出したんだ。最初から知らない振りをすれば良かったじゃないかと怒鳴るイウンソン。俺の前で死ぬのは見たくなかったから…と去ろうとするチェカングックに、逃げたら、殺人者だ…と叫ぶイウンソン。俺は医者だ。人を生かす医者だと言うチェカングックに、じゃ、生かせ…と言っているんだ。あの人が少しでも苦しまなければいい、すこしでも早く治ればいい。あの患者を助けられるのは貴方しかいないから…と叫ぶイウンソン。同意書を貰って来い…と言うチェカングックに、OK…と叫ぶイウンソンであった。

急患をチェカングックの病院に搬送するイウンソン(チソン)。
そうだ。俺は人を生かす医者だ…と手術室に入るチェカングック。
一方、患者を殺す気か…と言ったチェカングックの言葉を思い出し、患者を殺すことはしない…と誓うイウンソン(チソン)であった。同僚から、チェカングックが患者の死が担当した教授のミスだと指摘した為、他の病院に飛ばされたことを知るイウンソン。

患者の妻の反対で、患者をソウルの病院に搬送したチェカングックだが…。
後輩医師から、手術する実力がない…と電話が来る。
殺すわけにはいかないとソウルの病院に向かうチェカングック。
後輩にお前が手術したことにしろ…と手術室に入るチェカングックであった。

チェカングックを訪ね、ソウルに来たらどうか…と誘うクヮンフィ大学病院病院長。
一方、本当の医者になりたい…とソウルの病院に行くイウンソン。
友達と遊んでいる最中に、交通事故に遭遇するイウンソン。
偶然、妻と子供とその場所に通り掛かり、救急車を追うチェカングック。
心停止する急患、心臓マサージをするイウンソン。
チェカングックが応急処置をした時の事を思い出し、ボールペンを折り、身体に溜まった血を抜くイウンソン。貴方のお陰で命が助かった…とイウンソンに言って出て行く救急隊員。手術室に向かう患者。ボールペンで処置した医師は…とイウンソンに元に来た医師。どこの病院ですか…と聞く医師に、インターンだと答えるイウンソン。
危険な状態だった…と言うイウンソンに、インターンが監督者もいないのに…、ボールペンが肝臓を刺していた…と言う医師。免許があると言ってインターンが何ができるんだ…と言う医師に、人が死にそうなのに、見ているだけでいられますか…と言うイウンソン。患者が死んでもそんなことが言えるのか…とどなって去る医師であった。

クヮンフィ大学病院院長の誘いを受け入れ、クヮンフィ大学病院の胸部外科の科長になったチェカングック教授。一方、胸部外科の面接を受けるイウンソンとナムヘソクであった。次話へ。

スポンサーリンク