韓国ドラマ「ニューハート」 9話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ニューハート」 9話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン(イウンソン役)、キムミンジョン(ナムヘソク役)、チョジェヒョン(チェカングック役)、イジフン(イドンゴン役)、チョンホグン(ミンヨンギュ役)、チャンヒョンソン(キムテジュン役)、イギヨン(キムチョンギル役)、チョンドンファン(パクジェヒョン役)、パクグァンジョン(キムヨンフィ役)、パクチョルミン(ペテロ役)、カンジフ(ウインテ役)、シンドンミ(チョミナ役)、キムジュンホ(ソルレヒョン役)、チョンギョンスン(チョボクキル役)、イウンギョン(キムヘソク役)

それでどうするんだ…と言う院長に、私が手術する…と言い放つチェカングック教授。
やるなと言ってもやるんですか。絶対に許可できません。その手術は…と出て行く院長であった。

手術中にトイレに行き、個室で考え込むチェカングック教授。
手術を中止しろと電話する院長だが、無視して手術に入るチェカングック教授。
今回、手術に参加したくない者はでて行け…と言うチェカングック教授。
この患者、絶対に生かす。オートプランテーションでやる。心臓を取り出し手術し、また移植のように付ける…と説明するチェカングック教授。手術に成功するチェカングック教授であった。

包丁で刺された患者の手術で、心臓の形が変わっている…と教授に言われて覗き込んだ所へ、出血が…。血を浴びるナムヘソクと教授。HIV患者だと検査結果がでて急いで手術室に知らせに行くイウンソンだが…。手術室に入り、血を浴びたナムヘソクを見て驚きながら、血液検査で、患者の血液…、HIV…だったと言うイウンソンであった。

ショックで寝ているナムヘソク。
熱が出るはずだ。インターンの時に肝炎に罹り、注射を打って熱が上がった。一晩泣いた。悲しくも有り、悔しくも有り、お前は強い娘だから、すぐに起きるだろ。泣くだけ泣け。約束だ。そして、起きると…。お休み…と言って出て行くイウンソンであった。
大きな声で泣くナムヘソク。

何で、私にやさしくするのか…と聞くナムヘソクに、やさしく、同期が病気なのに…と答えるイウンソン。
同期、同期って言わないで、負担に感じるのは嫌…と言うナムヘソクに、イドンゴンがすればいいけど、俺がすると気に入らないということか…と言うイウンソン。やさしくしないで。私にとって男は全てライバルだった。お前みたいにやさしくしてくれるヤツはいなかった。おかしい…と言うナムヘソクに、じゃ、慣れればいいじゃないかと言うイウンソン。歌を歌ってくれたり…、女友達にするようにしないで…と言い放つナムヘソク。二つとも食べろ…と去って行くイウンソン。

不安で…と抱きつくナムヘソクに、何も考えずに安め。何でもないと信じて…と言うイウンソン。
怖くて、震えている…と言うナムヘソクに、祈っているから…と言うナムヘソク。
キスもしたことがないのにと言うナムヘソク。キスして…。キスで移らないと言っても怖いでしょ…。人は私を避け、医者としても最後だ…言うナムヘソクに、キスするイウンソンであった。次話へ。

スポンサーリンク