韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 6話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 6話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:カンジファン(ホンキルドン役)、パクサンオク(シムスグン役)、チャヒョンジョン(チョンマルニョ役)、ムンセユン(ヨンシ役)、メンセチャン(コミ役)、ソンユリ(ホイノク役)、チョンギュス(ホ老人役)、チャングンソク(イチャンフィ役)チェラン(ノサングン役)、インソン(チス役)、キムリナ(ソウンヘ役)、キムジェスン(ホンインヒョン役)。キルヨンウ(ホンパンソ役)

今度は俺が聞く。アイツらを殺したのはお前だろ。龍門の仕業だろ…と言うキルドン。
腹の傷が開く前に止めたらどうだ…と言うキルドンだが…。
チャンフィを追い詰め、何でアイツらを殺した…と聞くキルドンに、知ろうとするな。見てはいけない物を見たからだ。俺に関わった者は誰でも殺す…と言い放つチャンフィ。
人を殺すのに、何で堂々としているんだ…と言い放つキルドンだが…。
そこへ、チャンフィの配下が…。逃げるキルドンであった。

イノクを食事に招待するノグチェ(チャンフィ配下:ノサングン)
名前は…と聞くノグチェに、イノクと答えるイノク。
苗字は…。私が探している子もイノクというの。ユイノク…と言うノグチェに、ホイノクです…と答えるイノク。チャンフィが剣で刺された事や多くの事を知っていて危険だと感じたノグチェは、配下に毒を盛れと命じるのであった。
壁から毒ガスが…。そこへ、チャンフィが俺を助けた女だ…とイノクを救い出すのであった。

一方、盗賊を集め、龍門に命を掛けて挑む気があるか。一緒にやろう。俺も龍門を討つ…と言い放つキルドンであった。

意識を取り戻すイノク。
爺さんが心に隠す物が多ければ顔に出て、それが重なると病気になる…と言っていた。貴方は見る度に顔色が悪い。全部吐き出した方がいいと言うイノクに、どうすれば吐き出せるんだと聞くチャンフィ。
友達と会い、酒でも飲んで、吐き出せば…と答えるイノク。
キルドンの事を思い出し、友に会いに行かないといけない。次に会ったら、知った振りをしてもいいの…と言って去るイノクであった。

川辺でキルドンを待つイノク。
一緒に行かなくていい。探さなくていい。ただ待っていてくれ。解決したら俺が訪ねてくるとイノクに言うキルドン。焚き火の前で、キルドンに寄り掛かって眠り込むイノクに、俺について来たら危ない。だから、一緒に行こうとは言えない。だけど、大丈夫になれば、清国に虎でも捕まえに行くか。その時は一緒に俺と行くか…と言うキルドンであった。

宮殿での科挙の試験に潜り込むチャンフィとその配下達。
大量の爆薬を宮殿の中に運び込むチャンフィ配下。その荷物に忍び込み一緒に宮殿の中に入ってしまうキルドン。荷物から出ると、前には役人が…。お前は誰だ…と役人に追い詰められ戦っている内に、爆薬に火がつき爆発するのであった。

試験会場にいるチャンフィが弟だと気づき、あいつを捕まえろと配下に命じる王だが…。
配下と共に撤収するチャンフィであった。次話へ。

スポンサーリンク