韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 7話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:カンジファン(ホンキルドン役)、パクサンオク(シムスグン役)、チャヒョンジョン(チョンマルニョ役)、ムンセユン(ヨンシ役)、メンセチャン(コミ役)、ソンユリ(ホイノク役)、チョンギュス(ホ老人役)、チャングンソク(イチャンフィ役)チェラン(ノサングン役)、インソン(チス役)、キムリナ(ソウンヘ役)、キムジェスン(ホンインヒョン役)。キルヨンウ(ホンパンソ役)

兄を待ち伏せし、大臣(父)に会いたいと言うホンキルドンに、父は全てを知っていて、知らぬ振りをし、お前に罪を着せることにしたんだ。父はお前を捨てたんだと言い放ち去って行く兄。
陰で聞いていたホイノク。誰も見えないようにするから、私も見ないから…泣けば…と目をつぶり、ホンキルドンを手で隠すホイノク。涙するキルドンであった。

寺で。
盗賊の一味の女と酒を飲むホイノク。
キルドンをI Love Youしているみたいだと言うホイノクに、清国に一緒に行ったら…とどんどん酒を飲ます女であった。

ホンキルドンに、I Love Youと言うイノク。何だ…と聞くホンキルドンに、貴方が清国に行くから、私は…と口を閉ざすイノク。これから虎を2匹捕まえに行くんだが、一緒に行くか…と聞くキルドンに、行く…と言うイノク。清国に一緒に行こう…と言うキルドンに、行く。キルドン、I Love Youと言うイノク。
何だそれは…と聞くキルドンに、清国に行ったら教えてあげる…と去って行くイノクであった。

イパン大臣(キルドンの父)に会い、宮殿で自分の配下がホンキルドンを見た。ホンキルドンが犯人だと告げるノゲチュ(ノサングン)。町に、爆弾の犯人はホンキルドンだという噂が広まる…。

一方、このまま清国に行っていいのか。父がお前を捨てたからといって、お前が父を捨てていいのか。関係のない者が犠牲になってもいいのか…とホンキルドンに聞く師匠であった。
キルドンの母の墓の土をキルドンに渡し、清国に行ったら、いつ帰って来れるかわからないから、思い出す度に開いて…と言うイノクに、ドソンでやることがある。待っていてくれ。探すなよ…と去って行くキルドンであった。

サイン剣の文字を紙に写し取り、宮殿内と町にばら撒くノゲチュ。
ホンキルドンの代わりに、当日宮殿で作業していた者達が拷問を受け、殺される運命に…。

龍門のアジトに単身乗り込むホンキルドン。
何でここに来た…と聞くノゲチュに、罪のない者が死ぬ…と言うキルドン。
あいつらに罪を着せたのは、お前の主人、イパン大臣だ…と言い放つノゲチュに、そうさせたのはお前達の仕業だろう…とサイン剣の文字が写された紙を出すキルドン。これが何か言え。そうすれば、見逃すか…、殺すか…決める…と言うキルドンに、お前の主人に聞け。お前も、お前の主人も死ぬことが私の願いだ…と言い放つノゲチュであった。

処刑場の前で。
俺が死ぬことで終わりにしよう。どうすれば終わらせるかお前は知っているんだろ…とイチャンフィに聞くキルドン。サイン剣をキルドンに渡し、これで、あいつらの命を助けることができる。しかし、あいつらを生かし、お前は死なないといけない…と言い放つイチャンフィであった。

お前を待っていた…と言う父(イパン大臣)に、自分がサイン剣を持っています。全て私がしたことです。他の人を助けて下さい。私ひとりで終わらせるなら剣は返します。全員解放されれば、剣がある場所を教えます。その時捕まえに来て下さい…と言うキルドン。誰だ。お前は俺の息子だ。話せ、息子よ…と言う父に、私は大臣の息子じゃありません。捕まっても何も話しません…と去って行くホンキルドン。

剣を取り返し、殺せ…と配下に命じるイパン大臣。
川辺で、もう死ぬのか…。ここなら悪くない…と呟くキルドン。
そこへ、早く逃げろ…とイノクが…。イノクを気絶させ、一緒に行けなくてゴメン…と去るキルドン。
崖に追い詰められるキルドン。
兵に剣を投げるキルドン。兵の放った弓矢がキルドンの胸に…。次話へ。

スポンサーリンク