韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 8話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:カンジファン(ホンキルドン役)、パクサンオク(シムスグン役)、チャヒョンジョン(チョンマルニョ役)、ムンセユン(ヨンシ役)、メンセチャン(コミ役)、ソンユリ(ホイノク役)、チョンギュス(ホ老人役)、チャングンソク(イチャンフィ役)チェラン(ノサングン役)、インソン(チス役)、キムリナ(ソウンヘ役)、キムジェスン(ホンインヒョン役)。キルヨンウ(ホンパンソ役)

崖から落ちたホンキルドンを救出する盗賊達。

俺が生きる為に、どんなに多くの命を捧げないといけないのか…。お前がこの剣に刻まれている摘子か。奪われた王位を取り戻す為に、あんなことをしたのか。何でそんなことをしてまで、お前が王にならないといけないのか。奴隷として生まれた俺が何もできない奴隷にならないといけないように、王として生まれたお前はどんなことをしても王にならないといけないのか。俺は約束通り死ぬ。お前は生き続けるのだから、お前がなぜ王にならないといけないのか考えて見ろ…とホンキルドンに言われるまで、当然だと思っていた。アイツの質問を1回も考えたことがなかった…とノゲチュ(ノサングン)に言うイチャンフィであった。

私は貴方の命を救った。キルドンは私の命を2回も救ってくれた。だから、キルドンが貴方を救ったのと同じこと…だから、キルドンがやられた場所を教えて欲しいとイチャンフィに頼むホイノク。

反逆者の汚名を着せられて首をはねられた者の首を盗み、傷跡のある胸から血を流しながら、墓を作ってやるキルドン。この墓を見て、感じることはないのか…と言う師匠の言葉を思い出すキルドンであった。

盗賊達に一緒にやろう。手伝ってくれ。この国で一番の盗賊になる…と言い放つキルドン。
キルドンと一緒にやる決意をする盗賊達(スグン、マルニョ、ヨンシ、コミ)であった。
大臣達に汚物をぶちまける盗賊団。賄賂を貰って財物を沢山集めた大臣の家に泥棒に入る…と噂を流すキルドン達。

今日は、お前が頭だ…と頭目の杖を受けるホンキルドン。
全ての大臣の家に泥棒に入るキルドン達。最後のチャサン大臣の家で、チャサン大臣の娘(ウンヘ)に、ホンキルドンだということがばれてしまうホンキルドン。殺す…と言うマルニョに、娘を殺せば死ぬまで、チャサン大臣に追われることになる…と止めさせるキルドン。
お前が生きているということをしゃべらない代わりに、条件がある。今度会った時に話をする…とホンキルドンに言うウンヘであった。

盗んだ沢山の財産の前で、俺はもう逃げない。戦う。アイツら(大臣)も盗賊みたいなものだ。これを、貴族にやられた者達に配る…と盗賊達に言い放ち、民に分けるキルドンであった。

まだ、探している。イノクをどうするんだ…と言う師匠に、一緒に行く道じゃない…と言うキルドン。
狩人が死体を見つけたんだけど、その側でこれを見つけた…。その死体がキルドンみたいだ。死体は燃やして山に撒いたと言っていた…とキルドンに与えた母親の墓の土の入った袋をイノクに渡すキルドンの師匠。倒れこみ、大声で泣くイノク。それを陰で見つめ、去るキルドンであった。次話へ。

スポンサーリンク