韓国ドラマ「王と私」 37話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 37話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官
ヤンソンユン(薬士長)

二度と会いません…と誓う女(ウォルドン)に、二度と会うことがないことを願う…と言い放ち去るチュンジョンであった。
チュンジョンが去った後、妻に対する気持ちとお前に対する気持ちは同じだと言う成宗王に、女はひとりの人を想うものです。私の為に奥様を捨てられますか。二度と来ないで下さい…と言い放つウォルドンであった。

宮殿で。
チュンジョン、どこに行って来たのだ…と言う成宗王に、私がどこに行って来たか…王様がよく知っていらっしゃるはずです。今日の事は見なかったことにします。忘れてください。貴方は私の夫であり、国の基幹です。聖君になるという王様との約束を信じますと言い放つチュンジョン。
自分の母にどんどん似て行くんだな…と捨て台詞を吐いて出て行く成宗王であった。

オムスギ(成宗王の側室のひとり)の告げ口で、何の理由で宮殿を出たのか…と成宗王の母に追及されるチュンジョン。チュンジョンの代わりに、竹で打たれ、チュンジョンを止めなかった罰として宮殿を出されるチュンジョン配下(オサングン)。成宗王に、チュンジョン様の為に二度とあの女の所に行かないでください。聖君になってください…と宮殿を出て行くオサングンであった。

酒に酔って店から出てくるチョソン。
偶然、通り掛かったヤンソンユン薬士長に、男女の欲情とは何ですか。分からなくて女を抱こうとしました。しかし、分かりません…と言って涙するチョソン。誰も答えを教えることはできない。自分自身で探さないといけない…とチョソンに言うヤンソンユン薬士長であった。

酔った勢いで成宗王の寝室に入るチョソン。
王様に聞きたいことがあります。チュンジョン様に対する心…、女に対する欲情が何で…、チュンジョン様を裏切ったのですか。(王の)チュンジョン様への想いを信じて来ました。なんで、他の女の為に、チュンジョン様を裏切ったのですか。王様が恨めしいです。王様のお気持ちを聞くまでさがれません。一生想うという誓いを…裏切ったのですか…と迫るチョソンに、想いは変わっていない。しかし、あの女に対する想いはどうしようもできない…と言う成宗王であった。
王様と仲直りしようと王の寝室の外でその話を聞いてしまうチュンジョン。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .