韓国ドラマ「ニューハート」 17話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ニューハート」 17話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:チソン(イウンソン役)、キムミンジョン(ナムヘソク役)、チョジェヒョン(チェカングック役)、イジフン(イドンゴン役)、チョンホグン(ミンヨンギュ役)、チャンヒョンソン(キムテジュン役)、イギヨン(キムチョンギル役)、チョンドンファン(パクジェヒョン役)、パクグァンジョン(キムヨンフィ役)、パクチョルミン(ペテロ役)、カンジフ(ウインテ役)、シンドンミ(チョミナ役)、キムジュンホ(ソルレヒョン役)、チョンギョンスン(チョボクキル役)、イウンギョン(キムヘソク役)

胸部外科と内科との連携で手術を成功させるチェカングック教授とキムチョンギル教授。
キムテジュン教授を胸部外科副教授に任命するチェカングック教授。
どうして考えを変えたのか…と聞く友達の教授に、(キムテジュンに)患者に対する責任感、愛情のようなものが芽生えて来た…と答えるチェカングック教授であった。

キムスギョンという患者が急患で…。
食堂で。
施設時代のお姉さんで、友達のソウォンとウンソンがナイトクラブで働いている時、食事の用意をしてくれたお姉さんだ。母のようで、姉のようで、片想いだったけど俺の初恋だった…。だけど、男に溺れ、男と逃げた…と泣きながら、ナムヘソクに言うウンソンであった。
酔ったウンソンを病院まで連れてくるナムヘソク。姉さん…とひとりごとを言うウンソン。

私の子供を育ててくれないか…と言うスギョン姉さんに、義兄に言うか、生きて育てろ…と言うウンソンだが…。生きられないじゃない…。ソウォンと貴方に、申し訳なかった。もう少し生きられれば…と泣くスギョン。

難しいケースを手術しないという院長の要求は飲めないと言うチェカングック教授に、胸部外科科長の職を解き、第3病院に転職させると言う院長。今月中に辞表を出す…と言い放ち、去るチェカングック教授であった。

俺のガールフレンドだ…とナムヘソクを施設の院長と姉に紹介するウンソン。
赤ん坊の写真をパソコンで見ながら、1回でも抱きたいのに…とスギョン。

屋上で。
ガールフレンドだってお前が好きだからと言って、同情する必要はない…と言うナムヘソクに、同情じゃない。始めてみた時から女性を感じたと言ったじゃないか。目はお前しか映らないが…、お前が俺の過去を知っても俺を好きでいられるか自信がなかった。あ、分からない…。もう、我慢しない。お前が王女でも、お嬢様でも、全国主席でも…と言うウンソン。抱き合う二人。次話へ。

スポンサーリンク