韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 10話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 10話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:カンジファン(ホンキルドン役)、パクサンオク(シムスグン役)、チャヒョンジョン(チョンマルニョ役)、ムンセユン(ヨンシ役)、メンセチャン(コミ役)、ソンユリ(ホイノク役)、チョンギュス(ホ老人役)、チャングンソク(イチャンフィ役)チェラン(ノサングン役)、インソン(チス役)、キムリナ(ソウンヘ役)、キムジェスン(ホンインヒョン役)。キルヨンウ(ホンパンソ役)

高利貸の頭目に殺されそうになるイノク。そこへ、この女を殺せば、お前も死ぬ…とイチャンフィが助けに…。

一方、高麗人参商人の高麗人参を盗み、高利貸の賭博場に変装し潜入するキルドン。
負けっぷりのいい客の振りをし、どっかに金を貸してくれる所はないか…と高利貸の頭目に近づくキルドン。こんな物でも担保になるか…と高麗人参を出すキルドン。もっとあるのか…と聞く高利貸の頭目を倉庫に案内するキルドン。いくらで売れるのか…と聞く高利貸の頭目に、10万両ぐらいか…と答えるキルドン。清国に持って行けば10倍で売れると考えた高利貸の頭目は、(今すぐには買えないが、)1日に1万両の利子を払う…とキルドンと契約するのであった。

逃げて死んだ女の死体の確認をしに来い…と娘を売った親達を集めるキルドン。
娘の為に最善を尽くせ。貧しいからと言って放棄するな。(俺達は、お前達が)弱いから助けてやろうと思っているが、一緒にやらないといけない。この女は死んだが、お前達の娘達は、生きている。だから助けられる…と言い放つキルドンに、娘を助ける為なら、何でもする…と叫ぶ親達であった。
船が出ないように、どんなことをしてでもしろ…と親達に命じるキルドン。

イノクがチャンフィの志を惑わすと感じたノゲチュ(ノサングン)は、高利貸の頭目に、清国に連れて行って、朝鮮に帰れないようにしてくれ…と頼むのであった。

高利貸の頭目に会うキルドン。
2日だから、利子が2万両、明日は3万両だ。いつ、行くのかと言うキルドンに、明後日、行くと言う高利貸の頭目。物がひとつ消えた…と高利貸の配下が入って来る。

父親の元に戻る売られた女。
イノクが囮になって、逃げるのであった。
女の元へ助けに来た…と入るキルドンだが、イノクが囮になって逃げていることを知り、追いかけるキルドン。高利貸の頭目に追い詰められるイノク。キルドンがイノクを助けるのであった。
顔を見ようとするイノクの目を押えるキルドン。貴方は誰…と聞くイノク。次話へ。

スポンサーリンク