韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 14話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「快刀ホンキルドン」 14話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:カンジファン(ホンキルドン役)、パクサンオク(シムスグン役)、チャヒョンジョン(チョンマルニョ役)、ムンセユン(ヨンシ役)、メンセチャン(コミ役)、ソンユリ(ホイノク役)、チョンギュス(ホ老人役)、チャングンソク(イチャンフィ役)チェラン(ノサングン役)、インソン(チス役)、キムリナ(ソウンヘ役)、キムジェスン(ホンインヒョン役)。キルヨンウ(ホンパンソ役)

(お前の)父に渡したサイン剣を持って来い。今、王の元にある。父を利用し、宮殿にあるサイン剣を持って来い。そうすればお前の仲間を助けてやることができる…とホンキルドンに言い放つチャンフィだが…。

義賊と呼ばれていたキルドン達の評判を貶める作戦に出たイパン大臣(ホンキルドンの父)に怒り、
チャンフィの要求を飲むことにするキルドン。サイン剣を奪ってくる。俺は死んでいない…とチャンフィに言い放つキルドンであった。
貴族からどんどん財物を盗み、街の人々に配るキルドン達。

キルドン配下の処刑を命じるイパン大臣。
処刑の瞬間、ファルビン団の首領ホンキルドンだ…。アイツらを先に逃がせ。そうしなければここで戦争をする…。父上…とイパン大臣に言い放つホンキルドン。

牢屋の中で。
何もできない背間を変えようと…。幼い時貴方に何ができるか聞きました。しかし、今は世間に聞きます。私が、何ができるか。何をしないといけないか…をとイパン大臣に言い放つキルドン。
我々の心を知ってください…とロウソクを持って宮殿の前に集まる民達。

龍門アジトで。
キルドンの元へ行かずに、ここにいろ。お前を守ってやるから、俺の側にいろ…と言うチャンフィに、自分の事は自分で守れる。そうすればキルドンを守れる。心配してくれて有難う…と言って去るイノクであった。

王の1日の女になって、宮殿に入り込み、サイン剣を盗む計画になっていたマルニョだったが、高麗人参商人に見つかり、怪我をするマルニョ。私が行く…と言うイノク。
一方、王に会わせろ。王に弟について直接話す。王の前だけで話すから…と父(イパン大臣)に言うホンキルドン。

顔だけでも見る…とイノクを呼び寄せ、ホンキルドンを連れて来い…と宦官に命じる王。
一方、サイン剣を取り戻しに行ったのが、イノクであることをチャンフィに告げるチャンフィ配下。
イノクの顔を見ながら、変わっていると言う王。何で俺の目を見ることができるんだ…と言う王に、まっすぐに見ろと命じられたからです…と答えるイノク。
王の寝室に入るホンキルドン。お前がホンキルドンか…と聞く王であった。次話へ。

スポンサーリンク