韓国ドラマ「王と私」 45話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 45話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官
ヤンソンユン(薬士長)

ウォルドンを公平正大に罰してください…と言うチュンジョンに、チュンジョンの心が分からない。ウォルドンに嫉妬していたのに、それが同情に変わる…とは…と言って去って行く成宗王であった。

忠臣を抑え、ウォルドンを助ける方法はないか…と聞く成宗王に、ウォルドンを処刑してください。他の対策はありません。ウォルドンも覚悟しているはずです。ウォルドンの志をよく考えて決断してください…と言い放つチョチギョムであったが…。もう聞きたくない。出て行け…と言う成宗王であった。

牢獄で。
私を守る為にどんなに苦労されているか。王の立場を考えると、心が痛い…と泣くウォルドンに、王の心を変えられるのはお前だけだ…と言うチョチギョム。

王をウォルドンの元へ連れて行くチョチギョム。
王でありながらも、想っている人を助けられない男を許してくれ…と言う王に、王は女性として生きる幸せを教えてくれた方です。どうして恨みますか…と言うウォルドン。
この酒は、別れの杯です…と王に酒をつぐウォルドン。私を送って下さい。私の為に…。この姿で王のお心の中に残りたいです。私は、想っている人の手で運命を絶つから、怖いことも、願うこともありません。ひとつだけ約束してください。次の世界で会ったなら、王と臣下の妻ではなく、名前のない男と女として出会い、夫婦の因縁を結びたいです。その時は私を夫婦になってくれますか…と言うウォルドンに、約束すると言う成宗王であった。

忠臣と手を組んで、王の想っている人(ウォルドン)を処刑させようとするのですか。王に仕えるという宦官の本分はどこに行ったのですかと迫るチョソンに、内侍部が無くなれば、宦官の本分と道理もない…。いつか、父が言ったことが分かる時が来ると言うチョチギョム。
一方、処刑の書類に、泣きながら王の印を押す成宗王であった。

処刑の場で。
王様、空を見ておられますか。王に向かうウォルドンの心みたいです。王の為に、琴を弾くことができれば、いいのに…と思うウォルドンであった。

ユンスギの通る道に埋めろ…とオムスギョンに壺に入った人骨を渡し、ホン侍女に毒薬を渡すソリョン。
クンバンサングンを呼び、誰の仕業か…10日以内に明らかにしろ…できなければ責任を追及する…と言い放つチュンジョンだが…。オムスギから毒薬を受け、チュンジョンの下に入っている侍女責任者に、チュンジョンの部屋に薬を隠せ…と命じるクンバンサングン。
チュンジョンの部屋に薬を隠す侍女責任者。

チュンジョンの部屋を調べさせて欲しい…と言うチョン長官(ハンス)。
チュンジョンを呼び、部屋の調査をさせると言う成宗王の母。
チョン長官は信じられないからキム宦官を一緒に呼んで欲しいと言うチュンジョンであった。

チュンジョンの部屋を調査する内侍部監察部…。
薬を探し出す内侍部監察部員。
成宗王の母の前で、薬を調べ、毒薬です…と言うヤンソンユン薬士長。
何に使う為に、この毒薬を隠していたんですか…と聞く成宗王の母に、天に誓って知らないことです…と言い放つチュンジョンだが…。私を信じてください…と言うチュンジョンに、証拠が出たのに。退位させられたいのかと言う成宗王の母。誰かが私に陰謀を企んでいるんですと言うチュンジョンに、皇后と王に相談するから、結果が出るまで部屋から出るな…と命じる成宗王の母。

子供が…と倒れるチュンジョン。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .