韓国ドラマ「王と私」 48話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 48話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官
ヤンソンユン(薬士長)

新しいチュンジョンを任命しないといけない・・・と皇后に言う成宗王の母。
チュンジョン様を守れなかった無力感とチュンジョン様を裏切った父(チョチギョム)を尊敬できない・・・と落ち込むチョソンを、チュンジョン様はいつか帰って来れるはずだ・・・。力いっぱい生きろ・・・と慰めるヤンソンユン薬士長。

元チュンジョンの2番目の子が亡くなる。
このまま行ってはいけません・・・。目を開けてください・・・と赤ん坊を抱き泣くチョソン。

元チュンジョンに、2番目の子が亡くなったことを告げるチョソン。
赤ちゃん、可愛そうな赤ちゃん。母の乳も飲めずに・・・と泣き崩れる元チュンジョン。

新チュンジョンを任命しないといけないと言う皇后と母に、チュンジョンを復帰させる道が無くなる・・・と反対する成宗王だが・・・。まだ父を恨んでいるか・・・と聞く成宗王に、父上が母上を復帰させてくれると信じていますと言う王子。

内侍部の内侍部長に復帰するチョチギョム。
チュンジョン様に関する件でまだ父に対する失望を乗り越えていないのか・・・と聞く父(チョチギョム)に、私が父を誤解している訳ではないと思います。チュンジョン様は宮殿の外に追い出されたのに、内侍部責任者として復帰され帰って来たんではないですか・・・と言い放つチョソン。
今日は父としてでなく内侍部責任者としてお前を呼んだ。内侍部で人事異動を主導している最中だ。お前はどんな職を願うのか・・・と聞くチョチギョムに、王子に仕えたいですと答えるチョソン。
その理由は・・・と聞くチョチギョムに、チュンジョン様を陰謀に貶めた者が王子様も陰謀に貶める可能性があります。私は王子様だけでも守りたいと思います・・・と答えるチョソン。
お前にそんな資格があると思うのか。お前はチュンジョン様に対する私的な感情で、内侍部を危険に陥れた。それでも、まだその罪を自覚していないのか。罪を認め、自覚するまで、宮殿の掃除から始めろ・・・と命ずるチョチギョムであった。

何で、キム宦官(チョソン)を身分の低い宦官のやるような仕事をさせるのですか・・・と聞くクンピョに、(忠臣、成宗王の母等に)狙われているから目立ってはいけない・・・。試練を乗り越えて、内侍部を率いる責任者になれるのなら、俺は父としてこれ以上の望みはない・・・と答えるチョチギョムであった。

2番目の子も守れず、王子様まで何か起これば、私はこれ以上天の下で生きていけませんと落ち込むチョソンに、本当に王子様が心配なら、宮殿の掃除をする時に、割れた欠片がひとつでもないように一生懸命やれ。そうすれば、王子様が転んだ時に怪我をしないだろ。そういうことがお前が宦官として、王子様の為になる道になるのだ・・・と言い放つヤンソンユン薬士長であった。

スギを新チュンジョン・・・と考えている。だが、ひとつ約束して欲しい。王子を本当の子供のように見て欲しい・・・とユンスギに言う成宗王の母。
ユンスギが新チュンジョンに任命されるという話を元チュンジョンに話すチョソン。
王様は新チュンジョンを取ることに反対されたと聞きました・・・と言うチョソンに、王様にユンスギをチュンジョンにするように推薦して。チュンジョンの座には戻れないことは分かるでしょ。ユンスギなら王子を任せることができる・・・と言う元チュンジョンであった。

チュンジョンを退位させ俺を恨んでいると思っているが、何で来たのか・・・と聞く王に、元チュンジョンの書簡を渡すチョソン。私は宮殿を出る時、二度と宮殿に帰れないと知っていました。王様を恨んではいません。早く新チュンジョンを迎えて、王室を掌握してください。王子が跡を継ぎ王位に就く以外、望みはありません。王子を守ってください。清君になってください・・・と。
チュンジョンを守れなくて、申し訳ない・・・と思う成宗王であった。
新チュンジョンに選ばれるユンスギ。

新チュンジョンを母と呼ぶのを拒否した王子様に会うチョソン。
母に会いたい。母の元へ連れて行ってくれ・・・と言う王子様に、母上様がそんな姿を見られたら失望されます。王に成られる方がこんな事で何で涙を流すのですか。新チュンジョン様を母上と呼んでも、生んでくれた母上を裏切ったことにはなりません。母上様が知られたら罰を与えられると思います。王子様が成長すれば、また、母上様に会うことができる時が来ます。その時まで、王室の大人達に睨まれる事をしてはないりません。私と約束できますか・・・と言うチョソン。
チョソンと共に、新チュンジョンを訪ね、謝り、チュンジョン様を母として慕います・・・と泣く王子であった。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .