韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 54話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 54話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

ここで証拠を見せる。殺人を犯した者は、他の者だ。ホッパン、イエジョチャンパン、ホジョチャンパン、この3人の中の1人だ。今夜、俺がこの3人の家から証拠を探し出したなら、無実のホンクギョンを出してもいいか・・・と忠臣達に言い放つ正祖王(イサン)。
3人の家を兵に捜索させ、3人を狙う刺客が現れるのを道で張り込みをして待つテス達だが・・・。
そこには、誰も現れなかったが・・・。しかし、翌日、手に「又」の字を書かれたコンジョチャンパンの死体が・・・。

テスの先輩護衛が貴族になりすまし、貴族の家に・・・。それを張り込むテス達。
4日目・・・。刺客が現れる。数人の刺客を捕まえ、ひとり逃げる刺客を尾行するテス。
姉の恨みを晴らす・・・と叫ぶ貴族の奴隷。
本拠地を確認し、兵を動員し、奴隷達を掌握する国軍指揮官とテス達護衛兵。

ホンクギョンを釈放する正祖王(イサン)。
正祖王(イサン)に会うホンクギョン。
お前の為にしなければいけないことをしただけだ・・・と言う正祖王(イサン)に、今回の件が奴隷達の仕業だとどうして分かったのですか・・・と聞くホンクギョン。お前が教えてくれたじゃないか・・・とホンクギョンが作った奴隷計案の書類を渡す王。その書類で分かった。奴隷に関する問題が詳細に書いてあった。死人の手に書かれていた字が「又」ではなく奴隷の「奴」の字だと気がついた・・・と言う正祖王(イサン)。

どんな罰でも受けます・・・と言うホンクギョンに、奎章閣(ケイショウカク)の事件と奴隷に関する計画を成し遂げろ。これぐらいの罰を与えればいいだろう・・・と言う正祖王(イサン)であった。

元王妃に会うホンクギョン。
チャンテウ大臣を追い出すほどの物なのですか・・・と元王妃に聞くホンクギョン。
チャンテウ大臣が毒殺に関連した内容の書類を渡す元王妃。10年前にチャンテウを追い出したのはこれのお陰だ・・・必要なら持って行けと言う元王妃。
願う物は何ですか・・・と聞くホンクギョンに、ゆっくり話す・・・と言う元王妃であった。

ウォンビン(ホンクギョンの妹)が懐妊する・・・。
王室の為に大きな事をした・・・とウォンビンを労う正祖王(イサン)。
一方、帰りに宮殿の中で、後片付けをしているソンヨンと出会う正祖王(イサン)。
ご懐妊おめでとうございます・・・と言うソンヨンに、お前にはそういう言葉を聞きたくない・・・と言って去る正祖王(イサン)であった。

ホンクギョンが独断で奴隷を軽い罰で解放している・・・と批判するチャンテウ大臣に俺が命じた・・・。そして、国法を変えようと思う。この国から奴隷を失くす・・・と言い放つ正祖王(イサン)であった。

元王妃が正祖王(イサン)の元へ。
どうしてここに・・・と聞く正祖王(イサン)。
そこへ、ホンクギョンが私が呼びました・・・と入って来る・・・。次話へ。

スポンサーリンク