韓国ドラマ「王と私」 59話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「王と私」 59話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:オマンソク(キムチョソン/チョンドン役):宦官
グへソン(ユンソファ役):側室
コジュウォン(ソンジョン/チャウルサングン役):成宗王
チョングァンリョル(チョチギョム役):宦官
ヤンソンユン(薬士長)

王が王座から落ちる事は絶対にありません。万一、天変地異が起きたとしても、内侍部は王への忠誠で生死を共にします・・・と言い放ち去ろうとする内侍部長キムチョソンに、チャウォンに注意しろと言うチョチギョムだが・・・。

手に血がついている幻影を見、宮殿で宴会に明け暮れるヨンサン王。
どんなに酒を飲んでも、手を洗ってもこの手から血の臭いが消えない。この臭いを我慢できるか分からない・・・とチュンジョンに言うヨンサン王であった。

宴会を続けていたら民心が離れる・・・と進言する忠臣達に、民を心配しているお前達が何で財産を投げ打って民を救わないのか・・・と言い放つヨンサン王。

不安で我慢できないと言う宦官達に、王は強い王になる為にそうしている・・・と言う内侍部長キムチョソン。
一方、命令に反対する忠臣達を投獄するヨンサン王。
一言、一言を慎重に言え・・・と言い放ち会議から出て行くヨンサン王であった。

忠臣達の娘達を側室にし、忠臣と王を和解させようと計画する皇后だが・・・。

王に会う内侍部長キムチョソン。
私は王の本心を知りたいです。忠臣は勿論民までも王を怖がっています・・・と言う内侍部長キムチョソンに、俺は世宗大王のような強い君主になり、民の為の政治をしようと思ったが、何を持って王の権威を高め、民を食べさせることができるか。母の件を口実にしたから、母に会わせる顔がない・・・と言い放つヨンサン王であった。

一方、トクンピョの元配下を集めさせるチョチギョム。
それを知り、ト宦官を監視しろと配下に命じる内侍部長キムチョソン。

チョチギョムに会う内侍部長キムチョソン。
チャウォンが民に暴力を振るった件で内侍部長を辞職しようと思います・・・。ト宦官用いて配下を秘密裏に集めていると聞きました・・・。私は内侍部を退いても貴方の行動を監視しています・・・と言うチョソンに、お前が本当に王のことを守りたいなら、民が恐れる王ではなく、民を恐れる王になれるように忠告しないといけない・・・と言い放つチギョムであった。

王に会う内侍部長キムチョソン。
この母の服を見ると毒薬を飲んだ時の苦痛が俺に感じられると言う王に、自ら毒薬を飲まれた廃妃の荘厳な志を貶めないでください。母上の真実をこれ以上踏みつけないでください・・・と言い放つ内侍部長キムチョソンであった。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 王と私 and tagged .