韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 56話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 56話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

正祖王(イサン)を訪ね、チャンテウ大臣を至急処理することが一番重要です。王の為に私が忠臣達をまとめます・・・と言う元王妃に、それが真実なら帰ってください。この国の為に貴方がすることがあるとしたら、何もしないことです・・・と言い放つ正祖王(イサン)であった。

ミン大臣が逃げたことで忠臣達を取り調べさせるホンクギョン。
ミン大臣に対して知っていることはないが・・・、他の者は解放してやれ・・・と言うチャンテウ大臣だが、駄目だ・・・。王に逆らえばどういうことになるか知らしめる・・・と言い放つホンクギョンであった。

会議で。
ミン大臣の件で、忠臣達を圧迫している・・・。どうにかしてください・・・と言うチャンテウ大臣、忠臣達だが・・・、おかしいな・・・ホンクギョンの時は調査しろと言ったではないか・・・、命令だ。皆、調査を受けろ・・・と言い放つ正祖王(イサン)であった。
一方、ミン大臣を逃がしたのは元王妃の配下だと伝え、元王妃に忠誠を誓え・・・とミン大臣に言うイパン大臣。

ホンクギョンのやり方は、少しひどいようです・・・と進言する配下に、失敗をするだろう。しかし、ホンクギョンは、失敗から学ぶことがあると思うから、時間を与えるつもりだ・・・と言う正祖王(イサン)であった。

チャンテウ大臣配下に酒の席に招待されるホンクギョン。
ミン大臣の件は知らない、信じて欲しい・・・と言う忠臣達に、俺に信じて欲しいなら、軽い口に注意しろ・・・。王の改革に簡単に反対するなと言い放つホンクギョンだった。
一方、懐妊したと嘘をつき、大変なことになっているウォンビン(ホンクギョンの妹)。

ウォンビンの懐妊の為の宴会で、お腹が痛い振りをするウォンビン。準備していた血を床に撒く侍女。
ウォンビンを診断し、死産です・・・と嘘を正祖王の母、正祖王に言う医師であった。

寝室に戻らず、外にいるチュンジョンを見つける正祖王(イサン)。
全ては私の不足です。チュンジョンとして王子を生めない身体で、ウォンビンの王子まで失ってしまいました。全てのことが、私がウォンビンをよく見てあげなかった為に起こったことです。この罪をどうしたらいいかわかりません・・・と言うチュンジョンに、そんな風に考えるな。全てのことが天の志だ。どうしようもないことを何でチュンジョンに罪があると言えるのか・・・と言う正祖王(イサン)であった。

一方、尋ねて来たホンクギョンに、酒を飲みながら、申し訳ない・・・。全てのことは俺が足りなかったからだ。許してくれ・・・と言う正祖王(イサン)。何も言うことができずに、涙しながら、王の寝室をでるホンクギョン。

医師の責任なのか・・・。誰に責任があるのか・・・調査してほしい・・・と正祖王(イサン)に言う正祖王の母。
一方、医師が薬屋から賄賂を貰っていることを調べ、真実を話すな。他の原因を作り出さないといけない・・・と脅迫するホンクギョンであった。
チュンジョン様が与えた実家からの漢薬が原因だと正祖王(イサン)に嘘を言う医師。次話へ。

スポンサーリンク