韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 58話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 58話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンフギョム、ホングギョン

正祖王(イサン)の部屋で。
王様はお前を信じている。これからも、王様の信頼を得れる臣下であることを願う・・・とホンクギョンに言い放ち出て行くチュンジョン。
チュンジョンはお前がどういう者か聞きに来た。俺はお前の心を自分の心のように信じていると答えたと言う正祖王(イサン)の前で涙ぐむホンクギョンであった。

チュンジョンに会いに行くホンクギョン。
何も言わなかったのは王様の為・・・。自分の罪は自分で告白し罰を受けなさい。それが、私に出来る最後の寛容さです・・・とホンクギョンに言い放つチュンジョン。
一方、ご懐妊の嘘を隠す為、知らずに、インモチャを飲み続けていた・・・と正祖王(イサン)の母に言うウォンビン(ホンクギョンの妹)。

会議の場で。
ホンクギョンを宮殿から出し、ウォンビン様を廃妃してください・・・と正祖王(イサン)に言うチャンテウ大臣達。元王妃の命を受け、ホンクギョンとウォンビンを擁護するイパン大臣。

正祖王(イサン)に会うホンクギョン。
真実を知りたい・・・。ウォンビンの言うように知らなかったのか・・・と聞く正祖王(イサン)に、王様、私は知っていました。私はウォンビン様の失敗を隠す為に王様に嘘をつきました。私を殺してください・・・と言うホンクギョン。

弓道場で。
的に矢を放つ正祖王(イサン)だが、的の真ん中に命中しない。
ホンクギョンが失敗しても最後まで信じる自信があったんだが・・・、最後までホンクギョンを信じることができるか、それが怖い・・・とテスに漏らす正祖王(イサン)であった。

チュンジョンを部屋に呼ぶ正祖王(イサン)。
そこには、ホンクギョンが・・・。
俺はホンクギョンを許そうかと思うと言う正祖王(イサン)に、今回の事は・・・と言うチュンジョン。
許せない理由はよく分かっている。だから、チュンジョンに、こうやってお願いするのだ・・・と言う正祖王(イサン)であった。
軍隊を動かして、宮殿を掌握する以外は、どんな事をしても、許そうと思っていた。それだけの決意をさせるだけ、大きな力をお前が与えてくれたからだ。許しはこれが最後だ・・・とホンクギョンに言い放つ正祖王(イサン)であった。

民心を探る為、お忍びで宮殿を出る正祖王(イサン)。
その途中、銃で正祖王(イサン)を狙う刺客が・・・。
正祖王(イサン)目掛けて、銃を撃つ刺客。
銃弾がはずれ、近くの壷を貫く。テスが追うが、逃げ切る刺客であった。

心配して来たホンクギョンに、お前に聞きたいことがある。何で、俺の行き先を決め、兵を配置したのか。お前の意図通りに動けということか。俺はお前の忠誠を分かっているが、二度とそのようなことはするな・・・と言い放つ正祖王(イサン)であった。次話へ。

スポンサーリンク