韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 71話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「イサン‐正祖大王」 71話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イソジン/子役パクチビン(イサン‐正祖大王)22代朝鮮王正祖
ハンジミン/子役イハンナ(ソンソンヨン役)正祖王側室
イスンジェ(ヨンジョ王)英祖王、サドセジャの父、イサンの祖父
チョヨヌ/子役イインソン(チョンフギョム役)
イジョンス/子役クォンオミン(パクテス役)正祖の護衛武士
チョンヤギョン

真夜中に正祖王(イサン)を訪ねるチョンヤギョン。
王が命じた事を全て完成しました。数千名を一度に川を渡らせる方法を作りました。それを見せるために面会を願ったのです・・・と言うチョンヤギョン。
船に乗るのではなく、船の上を歩く船の橋を作るのです・・・と進言するチョンヤギョンであった。

父の墓参りをし、祖父が、父が願った・・・忠臣組織を新しく改革する・・・と誓う正祖王(イサン)であった。
正祖王(イサン)をスパイする護衛官に紛れ込んだ元ミン大臣の刺客達。
一方、ソンヨン様を診察し、お腹の王子に問題があります・・・。羊水が足りません・・・と言う医師。
お腹の王子は問題ない・・・と自分に言い聞かせるソンヨンであった。
ソンヨンとソンヨンの王子を生かせ・・・と医師に命じる正祖王(イサン)。

心配しないで、母が守ります・・・とお腹の中の王子に語りかけるソンヨンであった。
先に陣痛が始まるファビン。ソンヨンも陣痛が始まった・・・。
無事に子供を産むソンヨン。王子の誕生。
ソンヨンの子供を王にする・・・とソンヨンに誓う正祖王(イサン)であった。次話へ

スポンサーリンク