韓国ドラマ「オンエア」17話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「オンエア」17話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:キムハヌル(オスンア役:女優)、パクヨンハ(イギョンミンPD役)、イボムス(チャンキジュンMJ役)、ソンユナ(ソヨンウン役:脚本家)、イヒョンチョル(チンサンウSWエンターテーメント代表役)、チェサンフン(カンホサンSBC放送局長役)、ホンジミン(イヘギョン製作会社ドリームハウス代表役)、
イボムス(チャンキジュン代表役)、リッキーキム(エイドゥンリー役)

・・・ドラマ「チケットザムーン」の撮影で・・・
3万ウォン下さい。卵、海苔、ねぎ・・・、ねぎは買わない。辛いから、涙がでるから・・・。お金を沢山持っていると誘拐されるって・・・おばあさんが・・・と通帳を出し、銀行でお金を出すウニョン(オスンア)。
祖母と伯母さん達が来て、通帳を出せ・・・。お前の為に息子は死んだ・・・。お前の祖母じゃない・・・
何でおとうさん、おかあさんが私のせいで死んだの。私、それ、知らなかったの。本当に知らなかったの・・・と泣くウニョン(オスンア)であった。

小さなプロダクション代表を集め、合併の話をするチャンキジュン代表。合併すれば、SWエンターテーメントより巨大になり、A級俳優も20人を超えます。そうすれば、投資家は選べるんじゃないですか・・・と各プロダクションに話すチャンキジュン代表であった。

チケットザムーンの視聴率が下がり、考え込むソヨンウン作家。
KBC(清沈)のはいつ終わるのと聞くソヨンウン作家に、6話、余っています・・・。私達の9、10話と、新しく始まる1話、2話がぶつかるはず・・・と答える助手。9話のシーンを撮影するな。修正する。現場から台本の話が来ても、私がやれと言うまでやるなと伝えろ・・・と助手に伝えるソヨンウン作家であった。

SWチン代表がチェリーをドラマから抜く・・・と。台本修正をしない限り、復帰させない・・・と。
チン代表の投資金15億も入って来なくなり、資金難に陥るドリームハウス代表。

ソヨンウン作家の仕事場で。
台本は直さない。FAXを貰った時、7、8話でのウンソクの出番はあれで合っていた。今も同じ考えだ。ストーリーを変えよう。チェリーを抜いて・・・。製作会社の立場、俳優の欲望で、企画意図を変える訳にはいかない。ストーリーを変えよう。ウンソクが妹の記憶がないんだから、本当の姉妹じゃなかったことにして乗り越えよう。辞表を出さないといけないかもしれないが、俺の結論はこれだ・・・と言うイギョンミン監督に、私が直せば・・・と涙するソ作家。もう、泣くな。俺がつらいから・・・と言うイギョンミン監督の前で、泣き続けるソヨンウン作家であった。

チンサンウSWエンターテーメント代表を呼び、SW職員、マネージャー、コメディアン、歌手、俳優、チンサンウ代表まで、今後、SBC放送局に入れません・・・。芸能、ドラマ、その他、SWメンバーは全部出します。SBCから、出て行け・・・と言い放つカンホサンSBC放送局長であった。

・・・ドラマ「チケットザムーン」の撮影で・・・。
アイスクリームショップで、パフェ下さい。桃味・・・、いや、抹茶・・、いや、桃味・・・と迷うウニョン(オスンア)に、桃味と抹茶味が一緒に入るようにします・・・と店員。
本当に、キムウンソク氏の母親がお前に出て行け・・・と言ったのか・・・と聞くエイドゥンに、はい。これ、おいしい・・・と喜ぶウニョン(オスンア)。カット・・・何で笑うんだ。泣く場面じゃないか・・・と駄目だしをする第二監督に、台本にそう書いてある・・・と言い、出て行くオスンアであった。

チェリーのいる病院に行き、記者を呼ぶオスンア。
チェリーに抱きつき、早く良くなって・・・と。
私には夢がある。お前はあるの。私の夢はグレースケリーのようになること・・・。お前は・・・?と言うオスンアに、オスンアのようになること・・・と答えるチェリー。
私のようになりたいなら、現場に復帰しなさい。どうすれば、私のようになれるのか、教えてやるから・・・待っている・・・と言い放ち出て行くオスンアであった。次話へ。

スポンサーリンク