韓国ドラマ「一枝梅(イルジメ)」12話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一枝梅(イルジメ)」12話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イジュンギ/ヨジング[子役](イルジメ役/イギョム[幼少名])、パクシフ/イダウィ(シフ役)、ハンフョジュ/キムウチョン[子役](ウンチェ役)、イヨンア/チョンダビン[子役](ポンスン役)

イルジメ(イギョム)が天友会の名簿を見たことを知り、盗賊が押し入ったのは、全て天友会の会員の家です。天友会とは何ですか・・・と父に聞くシフ。
天友会の家を警護するシフに足を切られるが、籠に隠れ脱出するイルジメ(イギョム)であった。

ポンスンの養父に取り入り、武術を教えて欲しいと頼むイギョム(ヨン)だが・・・。
一方、イルジメ(イギョム)を追い詰めながらも逃がしたことで、自分に対する怒りを抑えきれず、王の護衛に武術を教えて欲しいと頼むシフであったが・・・。
雨の中で、何でそんなに習いたいのか・・・と聞くポンスンの養父に、絶対に死ねないから・・・と答えるイギョム(ヨン)。

父のように強い者になって帰って来る・・・と梅の木の前で誓うイギョム(ヨン)であった。
川にわざと荷物を落とし、イギョム(ヨン)に持って来い・・・と言うポンスンの養父。
水を含んだ重い荷物を担いで、歩かせ、沢山の薪を集めさせ、薪を割らせ、床を拭かせ、水を運ばせるポンスンの養父に、いつ武術を教えてくれるんだ・・・と切れるイギョム(ヨン)だが・・・。

夜、ひとりで武術の練習をするイギョム(ヨン)に、私が教えようか・・・と言い放つポンスン。
ポンスンに挑みかかるイギョム(ヨン)だが、コテンパにやられ・・・。
雑巾を避けられれば、武術を教えてくれると約束したが、避けられずにいるイギョム(ヨン)に、糞だと思えば、避けられると教えるポンスンであった。
辛いでしょ・・・とヨンに言うポンスン。
俺が一番悪い。俺が収拾しないといけない・・・と呟き、イギョム(ヨン)に武術を教え始めるポンスンの養父であった。

9つの剣を全てかわせれば、絶対に死なない・・・とイギョム(ヨン)に教えるポンスンの養父。
大義は、人を殺した瞬間になくなる・・・と言うポンスンの養父。
一方、シフも王の護衛から剣術を習い・・・。
大義の為なら、俺の行く手を塞ぐ者は全て殺す・・・と言い放つ王の護衛。

毎日、武術の修練をするイギョム(ヨン)。
遂に、ポンスンの養父の剣をかわし、飛ぶイギョム(ヨン)。次話へ。

スポンサーリンク