韓国ドラマ「食客」6話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「食客」6話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:キムレウォン(ソンチャン役:朝鮮末期、王の寵愛を受けた料理師テリョンスクスの末裔)、ウォンキジュン(ミヌ役:雲岩店、3代主席料理師)、クォンオジュン(ポンジュ役:テリョンスクスの後継者候補、オスクスの息子)、ナムサンミ(チンス役:記者)、キムソヨン(チュヒ役:オスクスの右腕)、
チェブラム(オスクス役:雲岩店最高権威者)

干し柿、干物、蟹等を仕入れるソンチャン。
海を見ながら、ユンチュヒ室長を思い出すソンチャンであった。

一方、記者になったチンスは、オポンジュ理事に取材でついて行き・・・。
先にホテルの風呂に入っていたチンスだが、そこへ、ポンジュが・・・。
(フィアンセと間違えて、ホテル側で部屋をひとつしか取らなかったみたいだ)
出るに出れないチンス。外で食事をしようと、ポンジュに電話を掛け、その隙に出ようとするが、部屋で鉢合わせしてしまう二人。

包丁職人の頼みで黄蟹を探しに行くソンチャン。
同じく黄蟹を探しに来たポンジュ。
偶然、船の上でソンチャンに出会うチンス。
料理はもうやらないの・・・と言うチンスに、物を売る商売の方が合っている・・・と言うソンチャンだが・・・。

包丁職人の息子の誕生日に黄蟹料理を刑務所に届けるソンチャンだが・・・。
差し入れ出来ない・・・と警察官に言われ、記者の権利で会わせて貰えるようにチンスに頼むソンチャンだった。包丁職人から、テリョンスクスの包丁も俺の先祖が作った。包丁は受け取った者によって銘刀にもなる・・・と包丁を受け取るソンチャンであった。

包丁職人の見舞いに養父オスクスが来ているのを見て、分からずに逃げるソンチャンだが・・・。
病院を出て行く時に他の車にぶつかりそうになり、怒鳴って車から降りるソンチャン。
相手の車からポンジュが・・・。兄貴・・・と呟くソンチャン。次話へ。

スポンサーリンク