韓国ドラマ「食客」7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「食客」7話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:キムレウォン(ソンチャン役:朝鮮末期、王の寵愛を受けた料理師テリョンスクスの末裔)、ウォンキジュン(ミヌ役:雲岩店、3代主席料理師)、クォンオジュン(ポンジュ役:テリョンスクスの後継者候補、オスクスの息子)、ナムサンミ(チンス役:記者)、キムソヨン(チュヒ役:オスクスの右腕)、
チェブラム(オスクス役:雲岩店最高権威者)

兄に会わなかったことにしてくれ・・・と言って去るソンチャン。
大丈夫だ・・・。俺は大丈夫だ・・・と海で泣き叫ぶソンチャンであった。

一方、中東のVIP客に、禁じられている材料を使った(酒:ワインシロップが入った)デザートで、大問題になる雲岩店。
牧場を買収し、牛肉を支配し、世界展開する・・・と言うポンジュに、テリョンスクスの伝統を守るだけでも大変なのに、だから、お前に雲岩店を任せることができないんだ・・・と言う雲岩店最高権威者オスクス。理事で決定し勝手にやる・・・と出て行くポンジュ。

ソンチャンの居場所をつきとめ、ソンチャン食品・・・とトラックで食材を売るソンチャンを車の中から、眺めるポンジュだが・・・、そのまま去るのであった。

ヤクザに絡まれている(ソンチャンを警察に申告した)焼肉店の主人を助けるソンチャンだが・・・。

こないだは有難う・・・と食材を持って、突然、職場にいるチンスに会いに行くソンチャンだが、部長が来た為に、ベランダに押し出され・・・。

記事を書く為に、ソンチャンの知人に会い、カン氏の肉切り包丁を受け取り、肉切り名人のカン氏を探すチンスとソンチャン。
トラックの中で、ラーメンを食べるソンチャンとチンス。
それを車の中から、眺めるチュヒ。次話へ。

スポンサーリンク