韓国ドラマ「一枝梅(イルジメ)」18話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一枝梅(イルジメ)」18話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イジュンギ/ヨジング[子役](イルジメ役/イギョム[幼少名])、パクシフ/イダウィ(シフ役)、ハンフョジュ/キムウチョン[子役](ウンチェ役)、イヨンア/チョンダビン[子役](ポンスン役)

ウンチェに剣を向け、誰が命じたのか・・・とピョンシク大臣に叫ぶイルジメ(イギョム)。
イギョンソが命じた。天友会の中心人物だった。イウォンが王の寵愛を受けるのが気に入らず、イギョンソが嫉妬心で陰謀を企て・・・と答えるピョンシク大臣に、他の大臣もイギョンソが・・・。反政府の中心人物は後は誰だ・・・と聞くイルジメ(イギョム)。
その6人以外知らない。もしかしてお前がイウォンの息子、イギョムか・・・と答えるピョンシク大臣。

昔の家の梅の木の前で、父上・・・と涙するイギョム(ヨン)。
この木、貴方にあげようと買ったの・・・。実はこの家を買おうと思ったんだけどお金が足りなくて・・・と言うポンスンに、何で俺に親切にするんだ・・・と聞くイギョム(ヨン)。
イギョム(ヨン)の手を握り、絶対にこの手を離さない・・・。私が守る。思い出さないの。私はあの飾りを見てすぐに分かったのに・・・と言うポンスンに、お前・・・と気が付くイギョム(ヨン)であった。

俺の為にお前の兄貴が・・・。俺がお前を守ってやる。絶対にこの手を離さない・・・と眠っているポンスンに誓うイギョム(ヨン)であった。
心に決めた女を一生忘れられないかもしれない。それでも一緒に来てくれるか・・・と言うイギョム(ヨン)に、うん・・・と答えるポンスン。

宮殿の地図に水を塗るイギョム。地図から天友会メンバーの刺青が、サイン剣の模様だと気が付くイギョム(ヨン)。サイン剣が宮殿に・・・。あとひとりいる・・・気が付くイギョム(ヨン)であった。

ウンチェがイルジメの恋人だという噂を聞き、ウンチェを捕まえる王の配下。
イルジメはどこにいるのか・・・と聞く王の配下に、知らない・・・と答えるウンチェ。
シフにウンチェの拷問を命じる王の配下。
ウンチェが捕まったことを知り、王の配下が来い・・・とメッセージを残した場所へ行くイルジメ(イギョム)。
捕まってしまうイルジメ(イギョム)。
宮殿に入ろうとする理由は・・・と聞く王の配下に、ただ真実を知りたいだけだ・・・俺が探している物に真実がある・・・と答えるイルジメ(イギョム)。

シフの助けで、ウンチェを連れて逃げ出すイルジメ(イギョム)だが・・・。
お前を捕まえたかった・・・と言うシフに、俺は探している物がある。それを見つけるまでは捕まらない・・・と言うイルジメ(イギョム)。戦う二人。シフに勝ち、シフの首に剣を向けるイルジメ(イギョム)。
切れ・・・と言うシフに、俺は人を殺さない。人を活かす剣を使え・・・と俺の父上に言われた・・・とウンチェを連れて去るイルジメ(イギョム)。

アジトで。
私の初恋でした。そして最後の恋です。だから、1回だけ顔を見せてください。一生想って生きれるように・・・と言うウンチェ。イルジメ(イギョム)の仮面を取ろうとするウンチェ。次話へ。

スポンサーリンク