韓国ドラマ「一枝梅(イルジメ)」19話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「一枝梅(イルジメ)」19話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:イジュンギ/ヨジング[子役](イルジメ役/イギョム[幼少名])、パクシフ/イダウィ(シフ役)、ハンフョジュ/キムウチョン[子役](ウンチェ役)、イヨンア/チョンダビン[子役](ポンスン役)

イギョム(ヨン)の身代わりになり、イルジメに変装し、王の配下(暗殺団)を引き付けるポンスン。ポンスンの養父が、イルジメに娘を殺されたから、俺が殺す…と王の配下に願い出て、ポンスンと共に崖から海に飛び込むのであった。

自分の母はどんな人でしたかと聞くシフに、天友会にイウォンという者がいたんだが、その家の奴隷だった。反逆罪に問われたが、叔母さんが住んでいる所がイウォンの家だったと話すシフの養父。
その家に行ったシフは、いつか来たことがある・・・と思い出そうとするが・・・。

父上、必ず、アイツを探し出す・・・と誓うイギョム(ヨン)であった。
宮殿の宴会の日に、清国人に変装して、正面から宮殿に侵入するイギョム(ヨン)。
一方、イギョム(ヨン)が持っていた飾りを持って、宮殿の前に立つイギョム(ヨン)の実の母。
お互いに自分の母、息子だと気が付く二人であった。

すぐに終える。少し待っていてくれ・・・と涙しながら宮殿に入るイギョム(ヨン)であった。
部屋に入り、イルジメに変装するイギョム。
各部屋に侵入し、剣を調べるイルジメ(イギョム)

宮殿の食糧倉庫から、食料を盗むイギョム。搬送中に、荷車から、りんごが転げ落ち、追うイギョム。そこへ、王が宴会に使う果物か、大切に扱え・・・と去って行くが、戻って来て、お前・・・とイギョムを覗き込む王。次話へ。

スポンサーリンク