韓国ドラマ「食客」8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「食客」8話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:キムレウォン(ソンチャン役:朝鮮末期、王の寵愛を受けた料理師テリョンスクスの末裔)、ウォンキジュン(ミヌ役:雲岩店、3代主席料理師)、クォンオジュン(ポンジュ役:テリョンスクスの後継者候補、オスクスの息子)、ナムサンミ(チンス役:記者)、キムソヨン(チュヒ役:オスクスの右腕)、
チェブラム(オスクス役:雲岩店最高権威者)

雲岩店のコンテストの写真を撮り、コンテストの料理を試食するチンス。
二人が会っているのは知っている・・・とチンスに、料理スケッチブックと料理服をソンチャンに渡してほしいと頼むチュヒ。一方、ソンチャンの弟子であったイソクトンがソンチャンが教えてくれた秘法の料理で優秀者に選ばれるのであった。

一方、焼肉屋で、そんなにお金が沢山あるなら牛1頭の価格を出したらどうですか。じゃなければ、アロンサテ(スネ肉よりもちょっと上に位置する筋肉の発達した赤身肉)を止めたら・・・。牛1頭からどれだけアロンサテが取れるか。冷蔵庫に在庫がどんなに沢山あるか知っているのですか。牛の味がどんなに変わってしますのか知っていますか。牛肉の味も分からないのに・・・勝負して私が勝てばアロンサテを諦めてください・・・とアロンサテを求める会長に言い放つソンチャン。

目隠しをし、会長とアロンサテを当てる勝負をするソンチャン。
この中にアロンサテはない・・・と言う会長に対し、3番目がアロンサテですと答えるソンチャン。
ソンチャンが勝つが、もう一度、勝負しよう。俺が負ければ全ての在庫の代金を払ってやるト言い放つ会長。受けて立つソンチャン。

肉汁がなくなる速度を感じろ。肉汁の味を感じろ・・・と養父オスクスと牛肉の部位を感じる訓練をしたことを思い出すソンチャンであった。
目隠しをし、会長が出した牛肉の部位を当てる勝負をするソンチャン。
最後の1皿の答えで、間違ったと言う会長だったが、牛の切り方がヘタで他の部位が混ざっているから、ソンチャンの答えは合っているとも言えると会長に言うカンピョンスのお陰で勝利するソンチャンであった。次話へ。

スポンサーリンク