韓国ドラマ「食客(シッキャク)」10話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「食客(シッキャク)」10話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:キムレウォン(ソンチャン役:朝鮮末期、王の寵愛を受けた料理師テリョンスクスの末裔)、ウォンキジュン(ミヌ役:雲岩店、3代主席料理師)、クォンオジュン(ポンジュ役:テリョンスクスの後継者候補、オスクスの息子)、ナムサンミ(チンス役:記者)、キムソヨン(チュヒ役:オスクスの右腕)、
チェブラム(オスクス役:雲岩店最高権威者)

雲岩店で。
ソンチャンに食事を作ってやり、最高になる・・・という約束だけ守ればいい。お前は俺の息子だ・・・と言うオスクス。

DMフードと3年間の独占納品契約獲得を争う為に16の会社が参加。その中に雲岩店とソンチャンが協力するテジン流通が・・・。第一の課題が発表される。最高の牛を獲得する競技。第二の課題は、10箇所の部分に分ける整形競技。最後の課題は、料理士の実力を見るための炭火焼料理です・・・と発表するDMフード関係者。

ソンチャン氏を心配して待っていたのに・・・と言うチュヒ室長に、ごめんなさいと言うソンチャン。
こうやって現れる為にいなくなったの。全てが理由があるでしょ。ソンチャン氏が雲岩店を出たように、こうやって戦うことも、しかし、これは駄目。私がソンチャン氏に料理服を送ったのは、こんな意味じゃなかった。ソンチャン氏がもう一度料理を始めることを願ったけど、こんな風に・・・、帰ってきたら・・・と言うチュヒ室長に、帰らない。気持ちは分かる。だから理解してくれとは言えない。俺だって(選択は)簡単じゃなかった。それだけは分かって欲しい・・・と言うソンチャンだが・・・。
そうはできない・・・と去るチュヒ室長であった。

テジン流通社長が目を付けていた牛を見に行くソンチャンとカンピョンス、チンスだが、ストレスを受け過ぎている駄目だ・・・と駄目だしをするカンピョンス。
いい牛を見つけるが、先に金を払った・・・と雲岩店に奪われるソンチャン達。

牛泥棒と遭遇し、本当の持ち主に牛を返すソンチャンとカンピョンス。
その牛を買いたいと言うカンピョンスだが、俺の妹だから花順は売らない・・・と反対する牛飼いの息子であった。
ちゃんと育ててくれるの。花順は、歌も好きで、水浴びも好きで、そうやって育ててくれるの・・・と言う牛飼いの息子に、答えられないソンチャン。私達がちゃんと育てる・・・と言うチンスだが・・・。
嘘をいったことに悩むソンチャン。

どうして今回参加することになったの・・・と聞くチンスに、兄貴と戦うのが嫌で雲岩店を出たのに・・・、考えてみたら。自分が卑怯な気がして、怖くて逃げたんだ。でも今は違う。雲岩店はそれでは駄目だとぴうことを、兄貴が間違っているということを見せてやる・・・と言うソンチャン。
雲岩店がカンピョンスとその娘を脅迫したことを知るチンス。

もうスピードで牛を運び、無理やり牛舎に入れる雲岩店に対して、ゆっくりと牛を運ぶカンピョンス。到着し、お前のお陰でホッテの手術はうまく行くはずだ・・・と言うソンチャンの一言で自ら牛舎に入って行く花順。

競技が始まれば、お前がどんなに無謀なのか分かるはずだ・・・と言うポンジュに、まだ兄貴が正しいと思っているのか・・・と聞くソンチャン。お前は俺の相手にならない。永遠に・・・と言い放つポンジュであった。
次話へ。

スポンサーリンク