韓国ドラマ「エデンの東」8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「エデンの東」8話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンスンホン/キム・ボム(青年期)(イドンチョル役:カジノ経営者の右腕でマフィア)、ヨンジョンフン(イドンウク役)、イダヘ(ヘリン役:大韓日報のミン会長の娘)、ハンチヘ(チヒョン役)、ユドングン(クック会長役:カジノ経営者)、チョンヘヨン(ジェニス役:国際的ロービースト、武器商人)、チョミンギ(シンテファン役)、キムソンギョン(オ会長:テソングループ会長)、シンウンジョン(ミエ:看護士)、パクヘジン(シンミョンフン役:シンテファンの息子)、イヨニ(ヨンラン役:クック会長の娘)

シンミョンフンとお見合いするヨンランだが、恋人がいる…とお見合いをぶち壊すヨンラン。
一方、デモ学生と間違えられ、牢獄に入れられるヘリンとドンウク。
ヘリンのバックボーンで牢獄から早く出られたが、バックなんか使わないで、法的に出なければ…とヘリンに言うドンウクであった。

マイクのカジノで働くようになったドンチョル。
何で不法滞在者になったの。私も一時、不法滞在者になったことがあるの…。光のない暗いトンネルだわ。故郷は?漢族は?と聞くジェニスに、江原道黄池です…。母と弟がいますと答えるドンチョル。

ドンウクのいる町を訪ね、バックを使ったことを謝る…。初めて言うけど、私は寂しくて勉強した…と別れ際に、(私の足を縛ってくれた)ハンカチを受け取り、ハンカチのプレゼントが別れ…というのを乗り越えなければ…と去って行くヘリンであった。

チヒョンと会うな…と言う母に、チヒョンを愛している。別れない…と言い放つドンウクであった。

一方、シンテファンの配下に捕まり、女とお腹の子供を助けたければ、ヨンランを拉致しろ…と命じられるドンチョル。何でもする…。その女に手をださないことだけは約束しろ…と。
貴賓席でドッグレースを楽しむヨンランの元へ行くドンチョル。
おじさん、どうしたの。私に会いたくて来たの…と聞くヨンランに、お前を拉致しに来た…と言うドンチョルだが…。拉致したいほど、会いたかったの…と信じないヨンラン。
ドンチョルのバイクに乗ったヨンランに、お前を拉致したんだ…と言うドンチョルだが…。

本当に私を拉致したの…と聞くヨンランに、そうなってしまった…と答えるドンチョル。
ボートの上で、卑怯者、最初から私に接近した理由がこれだったの。私についてどこまで知っているの。言え…と言うヨンランに、知らない。お前がクック氏だということしか…と答えるドンチョル。
マイクと関係があることなの…と聞くヨンランに、分からない…と答えるドンチョル。

豪邸に監禁されるヨンランとドンチョル。
庭で歌を歌いながら、拉致したなら、食べ物をよこせ…と叫ぶヨンランに、言葉に気をつけろ。いつ、銃弾が飛んでくるか分からない…と言うドンチョル。
怖がっているの。私がおじさんを拉致したことにしよう。それがいい…と言い放つヨンランに、いったい、お前は誰なんだ…と聞くドンチョル。
私は生きるのが嫌で動脈を切ったことがある娘だ…。驚いたの。怖がってるの。誰を拉致したと思っているのと言うヨンランに、手首の傷より、心の傷が大きいように見える…と言うドンチョル。
傷が何なのか分かるの…と笑い飛ばすヨンランであった。

食事を持ってきた男に、これが食事なの。金が欲しけりゃ、王女のように侍れ…と言い放つヨンラン。
銃を向ける男に、撃てるものなら撃ってみろ…と言い放つヨンラン。
やめてくれ…と男を制止するドンチョル。
お前は死にたいのか…とヨンランに言うドンチョル。

庭で踊るヨンラン。
ヨンランの踊りに合わせて踊りながら、今から俺が言うことをよく聞け。俺がお前に今あげるのは、ボートの鍵だと手渡し、ボートに乗ってひとり逃げろ…と言うドンチョルに、何で心変わりしたの。拉致したばかりなのに…。ひとり逃げろなんて…。理由を言わなければ、鍵を投げると言うヨンラン。

お前はまだ幼くて…と言うドンチョルに、早く言え。幼くて、綺麗で、いとおしくて…と話を続けるがヨンランだが…。父親に親孝行をしないといけないし…と言うドンチョルに、よけいなことは言わないで、私が願っている言葉じゃない。分かっているでしょ。おじさん、私を愛し始めたの…と聞くヨンラン。
私を愛しているから、命を助けるんだ…と早く言って…と言うヨンランに、そうだ。いとおしい…と言うドンチョル。ふたり、生き残ったら、私を愛する…と言えと言うヨンランに、分かった。愛する。必ず生き残れ。分かったな…と言うドンチョル。
ドンチョルにキスし、約束を忘れないで…と言うヨンランであった。次話へ。

スポンサーリンク