韓国ドラマ「エデンの東」9話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「エデンの東」9話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンスンホン/キム・ボム(青年期)(イドンチョル役:カジノ経営者の右腕でマフィア)、ヨンジョンフン(イドンウク役)、イダヘ(ヘリン役:大韓日報のミン会長の娘)、ハンチヘ(チヒョン役)、ユドングン(クック会長役:カジノ経営者)、チョンヘヨン(ジェニス役:国際的ロービースト、武器商人)、チョミンギ(シンテファン役)、キムソンギョン(オ会長:テソングループ会長)、シンウンジョン(ミエ:看護士)、パクヘジン(シンミョンフン役:シンテファンの息子)、イヨニ(ヨンラン役:クック会長の娘)

ボートに向かうヨンランだが、もたついている間に、男達に見つかり、ヨンランを逃がすために、男達と戦い撃たれるドンチョル。ボートの上から、おじさん…と叫ぶヨンラン。殺されそうになったところへ、海上警察が…。

パーティー会場で、ヨンランに母の形見の指輪を渡し、プロポーズするマイクだが…。
一方、家に帰るドンチョルだが、そこにはヨンランが…。
父がおじさんに会いたいと言っているの。一緒に行きましょう…。プロポーズも断ったの。生き残ったらお互いに愛し合おうと約束したのを忘れたの。今日からここで一緒に住みましょう。それでいいでしょう…と言うヨンランに、どこで待っているのか…と付いていくドンチョルであった。

ヨンランの父に会うドンチョル。
君が船舶王オナシスか…と聞くクック会長だが…。娘を命を掛けて助ける者はこの世界に多くないわ…と言うヨンラン。ここでディーラーをやっているって…と聞くクック会長。私が紹介したの…と答えるジェニス。そんなには経っていません…と答えるドンチョル。お前の実力を見たい…とカードゲームを始めるクック会長とドンチョルであった。

やるじゃないか。ゲームの相手が初心者か、賭博士か、わかるぐらいだな…。カジノに関心があるのかと言うクック会長に、マカオはカジノの都市じゃないですか。マカオの未来もカジノだしと答えるドンチョル。それはカジノをよく知っている者のみ言える言葉だが、カジノだが、男として挑戦するに値する職業だと思うかと聞くクック会長に、どうでしょうとドンチョル。有能なディーラーになるのが夢なのか…と聞くクック会長に、万一、カジノが天職なら、誰でもオーナーになることが夢だと思いますと答えるドンチョル。

自分の命をかけて他人の命を救うことは簡単なことじゃない。お前が俺の娘を助けたのに、何か願いがあるか…と聞くクック会長に、パスポートが欲しいと頼むドンチョル。カジノで夢を叶えたいと思うか…と聞くクック会長に、関心がありますと答えるドンチョル。娘の心を奪わないという条件でお前の夢を叶えてやる…と言うクック会長に、申し訳ありませんが、そういう条件が付くならご辞退します。自信がありません。前科がある人生ですが、自分の心は自分の物でありたいです。そんな賞金を願って、娘さんと一緒にいたのではありません。申し訳ありません…と席を立つドンチョルであった。

シンテファンの乗った車を追うドンチョル達。
シンテファンを追い詰め、久しぶりだな。俺の父を殺した恩讐。殺す価値もないゴミヤロウ、シンテファン…と殴りつけるドンチョル。言え…死ぬ前に、お前が俺の父を殺したと・・・鉄パイプでシンテファンを殺そうとするが、出来ずに叫ぶドンチョルであった。
バイクで立ち去ろうとするドンチョルにトラックが突っ込む・・・。次話へ。

スポンサーリンク