韓国ドラマ「風の国」2話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」2話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

王子(ムヒュル)にナイフを向けるが、殺す事の出来ないユリ王。
鳩の死骸、家畜の死、井戸の血…が。
マファンに鳩の死骸を調べさせ、鳩の死骸から毒が…。ピリュの仕業だという事を突き止めるヘミョン。

ピリュの策略で民心が王から離れ始め…。
神女の啓示は生まれた王子がこの高句麗を滅亡させる運命だと…。生まれた子を殺す…ピリュ達部族長に言い放つユリ王。

祭壇で。
赤ん坊を抱き、箱に入れるユリ王。
天の怒りを解く…と剣を刺すユリ王。箱から血が…。
神殿の護衛を倒し、朝までに起きなければ蘇生させることは出来ませんと言う配下。
箱に刺した剣を抜き、箱を開けるユリ王。赤ん坊が生きていた。
ヘミョン王子に、赤ん坊を預け、もうその赤ん坊は俺の子でもなければ、お前の弟でもない。赤ん坊を連れてチョルボンに行け。名前のない民として育てろ。その赤ん坊は既に死んだ身だ。子供の名前は、熱い血と動く心臓がないムヒュルだ。お前もムヒュルとの縁を切らないといけない。それだけがムヒュルの命を助ける道だ。よく覚えておけ…。早く行け…と命じるユリ王であった。

洞窟でヘアブを呼ぶヘミョン。
お前に頼みがあって来た。お前がこの子を育ててくれ。この子の名前はムヒュルだ…と赤ん坊を置いて去って行くヘミョンであった。

…十数年後…

一方、マロと亀競争の賭博にはまっているムヒュル。
50両を儲け、漢の国に行く…とマロに言うムヒュルだが。
そこへ、賭博場から追っ手が…。赤ん坊の時に姉から貰ったペンダントを奪われ、取り返そうとするが…。
そこへ、育ての親ヘアブが助けに…。

外に行って不埒な気を持ってきた者は壁画を描けない。ここは神聖なチュモン大王の墓がある場所だ…とヘアブから罰を受ける…ムヒュルとマロ。ヘアブに、もうここで生きたくない。外の世界がいい…と言い放つムヒュルだった。

洞窟を抜け出そうとするムヒュルとマロだが、偶然、洞窟に刺客が侵入したのを目撃した二人。
見なかったことにしてそのまま行こう…と言うヘミョンを、守れなかったら、洞窟の皆が死ぬ。知らせなければ…と説得するマロ。

話を聞き、ヘミョン王子にこの書簡を渡せ…とマロに渡し、剣を持ち向かうヘアブ。
刺客とひとり戦うヘアブだが、多勢に耐え切れず、刺客に剣を突きつけられ、チュモン王の墓はどこだと…。ムヒュルがそっと加勢しようとするが、逆に捕まってしまい…。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .