韓国ドラマ「風の国」4話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」4話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

ムヒュル達を殺そうとするプヨ国守備隊だが…。
ヘミョン率いる高句麗軍が助けに…。
その為に、プヨを訪ねているユリ王が監禁され…。

軍律を破ったが、ヘミョン王子の計らいで、許され、洞窟へ送られるムヒュル。
ヘミョン大将は、何で許してくれたのですか…と聞くムヒュルに、時がくれば直接聞け…と答えるヘアブであった。
チョルボン城の城主としての地位を剥奪するだけでなく、王子としての全ての権威を奪う…とヘミョン王子に言い放つユリ王。

チュモン大王の墓を訪ねるユリ王。
墓の壁画は誰が描いたのか…と聞くユリ王の前に出るムヒュル。
幼いのにあんなに綺麗な絵を描くとは才能に秀でているな…と言って、自分の子だとは知らずに洞窟を出て行くユリ王。外に出て、あの子はどうしているか知っているか…と聞くユリ王に、チョルボンに来る途中で農民に任せました…と答えるヘミョン。

ムヒョルに世間を見せてやりたい…とムヒョルを連れて、プヨ国に向かうヘミョン。
今後は、俺を兄貴と呼べ…と言うヘミョンに、兄貴…と呼ぶムヒュル。
兄貴と呼ばれるなんて、気分がいい…と言うヘミョン。
何で私を助けてくれたのか理解ができません…と言うムヒュルに、俺は高句麗の王子だ。俺にとって高句麗の民は全て息子のようなものだ。父が危険に陥った息子を救うのに理由が要るのか…と答えるヘミョンであった。

チュモン大王の父の父が過ごした広大な土地。チュモン大王が一生夢見てきたのが、その失った土地、プドを取り戻すことだった。いつかプドを取り戻すのが俺の夢だ。ムヒュル、お前が俺と一緒にその夢を果たしてくれたらいいと思うがと言うヘミョンに、膝まづき、王子様は私の命を助けてくれました。命を捧げて、王子様が夢を成し遂げるのに協力します…と答えるムヒュルであった。

プヨ国で、自分を治療してくれたヨンを見かけ追いかけるムヒュルだが、見失い…。
毒を飲んだマファンの奴隷を治療しに来たヨンをマファンのかで見かけ、ヨンの治療を受けようとするムヒュル。そこへ、プヨの兵士が…。プヨ兵を蹴散らし、連れて行かれるヨンを連れて逃げるムヒュル。大丈夫ですか…と聞くムヒュルの頬を殴って去って行くヨン。
プヨの兵に囲まれるムヒュル。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .