韓国ドラマ「エデンの東」18話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「エデンの東」18話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンスンホン/キム・ボム(青年期)(イドンチョル役:カジノ経営者の右腕でマフィア)、ヨンジョンフン(イドンウク役)、イダヘ(ヘリン役:大韓日報のミン会長の娘)、ハンチヘ(チヒョン役)、ユドングン(クック会長役:カジノ経営者)、チョンヘヨン(ジェニス役:国際的ロービースト、武器商人)、チョミンギ(シンテファン役)、キムソンギョン(オ会長:テソングループ会長)、シンウンジョン(ミエ:看護士)、パクヘジン(シンミョンフン役:シンテファンの息子)、イヨニ(ヨンラン役:クック会長の娘)

お前は俺の下で働く者だ。決して、血縁を結ぶ事はしない。分かっているな。何で返事がないんだ…と言うクック会長に、分かりました…と答えるドンチョル。分かりましたというのがどんなに生意気な言葉かか知らないのか…と言うクック会長に、私が会長の下で働いている以上、会長に害になることをしないというのが私の任務だというのは、よく分かっています…と答えるドンチョル。
じゃ、何だ。俺を離れて、全ての事をお前ひとりでやれる…と言うことかと聞くクック会長に、まだ、離れる考えはありません。離れません…と答えるドンチョル。

じゃ、俺と取引をしよう。プサンホテル、スロットマシーンの開設費用は俺が出してやる。お前が成し遂げれば、お前が望むだけ金をやる…と言うクック会長に、プサンホテルのスロットマシーンは、大星(テソン)のシンテファン社長の手に入ったと言ってもいいぐらいじゃないですか…と言うドンチョル。
だから、お前が望むだけの金をやるんだ。お前の実力を見せろ。俺の娘の前で隙を見せるな。それだけ、注意すれば、俺達は一緒に行ける。男の約束だ…と言うクック会長に、注意しますと答えるドンチョルであった。

ドンチョルの部屋に入るヨンラン。
私を捨てて、スロットマシーンを選択するんでしょ。だけど、その仕事は自分の命を掛けないといけないということも分かっているでしょ。イドンチョルを虎の口に放り込むことなの。生き残れば金をやるが、死ねば娘の心配がいらなくなるという計画なの、分かる?…と聞くヨンランに、分かっていると答えるドンチョル。パーティーの途中で、イドンチョルに会いたくなり、事務所を探し、イドンチョルの家まで行って来たの。そこはお金がないだけで、全部あったわ。そこに私も入れたら、どんなにいいか。そんな考えが出るほど、気に入ったのに。イドンチョルが命を掛けてまで、守りたいものが分かり、父の下で、猟犬でいないといけない理由も分かったわ。それで、私は、父の望む道に行く事にしたわ。その代わり、死なないで、父の下で生き残って。最後まで死なないで、生き残らないといけない。分かったでしょ…と言うヨンランに、ごめん。俺がお前の為にしてあげられることは何もないと言うドンチョル。
だから、言ったんじゃない。父の下で生き残れ。必ず生き残って。約束よ…と抱きつくヨンランに、約束すると答えるドンチョルであった。

一方、試験、頑張れ。応援している…と電話するドンウクに、千年続く感動だわ…と喜ぶヘリンであった。

上層部から無理やり退院させられるドンウク。
そこへ、シンテファンとミョンフンが祖父の見舞いに…。
シンテファンの襟首を掴み、俺の手で審判を受けるその日まで、待て、シンテファンと言い放つドンウクであった。次話へ。

スポンサーリンク