韓国ドラマ「風の国」13話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」13話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

洞窟で、ムヒュルの治療をするヨン。
お嬢様…。どうして、ここにお嬢様が…と気が付くムヒュル。

ススキの野原にいるムヒュルに、まだ動いてはいけないわ…と寄って行くヨン。
私は、一生暗い洞窟にいる壁画工でした。何で自分が捨てられて、父母が誰か分からない状態で生きるのが苦痛でした。そんな私を世間に導いてくれて、夢を与えてくれました。そんな王子を王の座を守るためにユリ王が殺したと思いました…と言うムヒュルに、ヘミョン王子が死ぬ時、私もその場にいたわ。命を絶つ瞬間に、ユリ王が到着し…、嗚咽され絶叫されたわ…と言うヨン。
自分の誤解だったことが分かりました…と涙するムヒュル。そんなムヒュルを抱くヨンであった。

王に会わせて欲しい…とヘアブ元壁画長に頼むムヒュル。
私は、王様のお心を知らずに、王様に大罪を犯しました。私の罪を償う機会をください…と言うムヒュルに、ヘミョンの死を防げなかったのは俺の責任だ。俺もヘミョンに大きな罪を犯した。俺は既にお前を許したから、これ以上、罪の呵責を感じるな…と言い放つユリ王。

私はプヨの黒影(フギョン)として、王様に剣を向けました。自分の手で罪を償わせてください。私は、プヨに帰って、高句麗のスパイになります…とユリ王に言い放つムヒュルであった。
王子様(ムヒュル)の思い通りにさせてあげてください…と言うヘアブに、俺が望むのは、ムヒュルとの縁を切るだけであって、あの子が死ぬ事を願っていない…と言うユリ王。
王様とヘミョン王子に対する罪悪感を拭うことが必要です。王様の前に、王子様が堂々と立てるように、許可してあげてください…と頼むヘアブであった。

ユリ王の許可を得て、黒影(フギョン)の立場で高句麗のスパイとして、プヨに戻ることになったムヒュルとマロ。プヨに戻ります。プヨの黒影(フギョン)ではなく、高句麗の為に行きます。時が来れば、私の手でお嬢様の恨みを晴らしますと言うムヒュルに、危険なことはしないで…と言うヨン。
自分が一番苦しかった時に作った物です…とヨンに木彫りの人形を渡すムヒュル。
お嬢様は自分が危険な度に、私の命を助けてくれました。自分が間違った歳月を消し去り、戻ってきたら、その時は、お嬢様を守ります…と去って行くムヒュルであった。

黒影(フギョン)のアジトで機密文書を探し出すムヒュルとマロ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .