韓国ドラマ「風の国」7話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」7話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

高句麗の捕虜を全て殺せ…と命じるテソ王。
捕虜の中には兵士だけでなく、高句麗の民もいます。高句麗を統一するには、高句麗の民心を得る必要があります…と進言するヨンに、女であったのが惜しい。男であったなら…とヨンの言う通りにしろと配下に命じるテソ王であった。

プヨ軍陣営にひとり向かうヘミョン。後を追いかけるムヒュル達だが…。
チョルボン城主の配下が放った矢がムヒュルの身体を貫き…。

今でもプヨに忠誠を誓えば、命は助けてやる…。高句麗の王にしてやると言うテソ王だが…、自ら鎧を脱ぎ、自らの命を絶とうとするヘミョン。そこへ、ユリ王が待て…と。駄目だ…と叫ぶ父の前で自害するヘミョンであった。ヘミョン…と泣き叫ぶユリ王。

一方、王子が死んだ事を知り、王子を殺したのはプヨじゃなく、高句麗です。王子を殺したのは民じゃなくユリ王だ。必ずこの恨みを晴らす…と誓うムヒュル。

ヘミョンの配下達を殺そうとするチョルボン城主。
将軍が殺され、マロにムヒュルを連れて逃げろ…と命じるヘアブ。
逃げる途中に、プヨ軍に捕まり捕虜としてプヨ国に連れていかれるムヒュルであった。

毒薬の実験台にされるムヒュル。そこへ、ヨンが…。
腕を焼切りムヒュルの体内の毒を出すヨン。
私が分かる…と聞くヨンだが…、身体が動かず。
明日、まだ毒を塗るもう生き残れないはずだと言い放つヨンの父に、絶対に死にません…と言い放つムヒュル。何でそんなに生きようとするのかと聞くヨンの父に恨みを晴らすためですと答えるムヒュル。
恩讐が誰か…と聞くヨンの父に、ユリ王です…と答えるムヒュルであった。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .