韓国ドラマ「風の国」8話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」8話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

高句麗人だと聞いたが、本当か、俺も高句麗人だ・・・と牢獄の中で脱出しようと持ちかける男。
3人で協力して、牢獄を脱出するが、俺はユリ王のスパイだ・・・宮殿に戻ろうと言う男に、俺の王はもうユリ王じゃないから、戻らない・・・と言い放つムヒュル。生かしておくことはできない・・・とムヒュルを殺そうとする男とマロと共に戦うムヒュル。
そこへ、プヨ軍が・・・。

マロとムヒュルに軍服を着せ、傭兵にするヨンの父。
これが傭兵としての素質を見る第1の試験だ・・・と司令官の馬を追って走るムヒュル達傭兵。
登って帰ってくるのに3日掛かる山を2日でアジトまで戻れ・・・と命じる司令官。
トジン(ヨンの兄)とムヒュルが1番で戻るが・・・。1ヶ月に1回この訓練があると聞き、その場で倒れるムヒュル。ヨンから中国語を学ぶムヒュル達傭兵。

一方、ヘミョンの1周期で、ヘミョンの墓に向かうユリ王に奇襲を掛けるヘアブ達。
ユリ王の護衛に制圧されるヘアブ達。誰が送ったのだ・・・と聞くユリ王に、ヘミョン王子が送りました・・・と答えるヘアブであった。ヘミョン王子が恨みを晴らす為に送りました・・・と言い放つヘアブであった。
ユリ王の為に命を捨てたヘミョン王子の心が分からないのか・・・と言うユリ王の配下に、では、何故、ユリ王は、チョルボン城主と兵を送り、我々、ヘミョン王子の配下を殺そうとしたのですか・・・と言い放つヘミョン王の護衛長。

マロが相手に傷つけられたことに怒り、その男と勝負するムヒュルだが、トジンと共に一晩逆さ吊りにさせられるムヒュル。二人の診察をするヨンだが、二人の具合はどうだと聞く司令官に、命が危険だから、今日は休ませたほうがいい・・・答えるヨン。
二人を川辺に連れ出すヨンであった。

川辺で、こんなの久しぶり・・・と喜ぶヨン。
高句麗では何をやっていた・・・と聞くトジンに、壁画を描いていた・・・と答えるムヒュル。
私の絵を描いて・・・と言うヨンの肖像画を描くムヒュル。

一方、ヘアブを呼び、秘密裏に動く者が必要だ・・・とヘアブに命じるユリ王。
トジンを中心に高句麗のヨンゴル城の城主を殺し、城を制圧しろ・・・とムヒュル達に命じるプヨ国司令官。
ヨンゴル城に侵入するが、逆に捕まり、毒薬をムヒュル達に配るトジン。
毒薬を飲むムヒュル、トジン、マロ。倒れる3人。
気が付くと、よく眠れた・・・とヨンが・・・。最後の関門を通過したことを祝福する。着いて来い・・・と司令官が入ってくる。高句麗の王子の世襲式がある。高句麗に潜入し、清国の使者を殺せ・・・とトジン、ムヒュル、マロに命じるヨンの父。私も一緒に高句麗に行く・・・と父に願い出るヨンであった。

招待客に化けて、宮殿の中に潜り込むトジン、ムヒュル達。
ユリ王を見つけ、短剣をユリ王に向けて投げようと身構えるムヒュル。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .