韓国ドラマ「エデンの東」28話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「エデンの東」28話あらすじ(ネタばれ)です。

主演:ソンスンホン/キム・ボム(青年期)(イドンチョル役:カジノ経営者の右腕でマフィア)、ヨンジョンフン(イドンウク役:シンテファンの息子)、イダヘ(ヘリン役:大韓日報のミン会長の娘)、ハンチヘ(チヒョン役)、ユドングン(クック会長役:カジノ経営者)、チョンヘヨン(ジェニス役:国際的ロービースト、武器商人)、チョミンギ(シンテファン役)、キムソンギョン(オ会長:テソングループ会長)、シンウンジョン(ミエ:看護士)

家のベンチで。
どんなに待った日なのに、どうして寝てられるの…と起きて来るヨンランを抱き寄せるドンチョル。

キムチ作りをドンチョルのお母さんとするヨンラン。
そこへ、マイクが…。

…時は過ぎ、1993年…

飛行機の中で。
まだ、ひとりの時に、ヨンランのことを思い出すのか…まだ、忘れられないのかと聞かれ、何も答えないドンチョル。

ちょっと、いいですかとヘリンが…。
イドンチョル氏は、カバンを持って、渡すのが趣味みたいですね。イドンチョル氏が持って来たカバン、米国要員が持って行ったみたいですが、何の書類が入っていたのですか。私が推測するに、武器会社の人達見たいですが…と言うヘリンに、取材はお断りですと答えるドンチョル。
そこへ、ジェニスが…。
カバンを渡すところをヘリンに見られたことを話し、自分が収拾するとジェニスに言うドンチョル。

ホテルでドンウクのことを思い出すヘリン。
ドンチョルから電話が…。
私が助ける仕事って何ですか…と聞くドンチョル。
私の姉です。ピアニストです。姉を韓国に連れて行きたいのです。それを手伝ってください…とドンチョルに頼むヘリンであった。

一方、地方検事からソウル特殊部に派遣されるドンウク。

パーティーで。
ジェニスから各国武器ロビーストメンバーの詳細を聞くドンチョル。
そこへ、また、ヘリンが…。
カバン交換の件は心配しないで、偶然見たことにするから、国に害がなければ、記者も知らない振りをする時があるわ。私の要求をイドンチョル氏がかなえてくれることになったので、心配しなくていいです…とジェニスに言うヘリン。
イドンチョル氏って、そういう人なの…、人を信じさせる魔力を持っている人…と言うヘリン。

ヘリンを手伝い、ヘリンの姉を飛行機で韓国に連れて行くドンチョル。次話へ。

スポンサーリンク