韓国ドラマ「風の国」18話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」18話あらすじ(ネタばれ)です。                   

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

ユリ王も毒にやられ…。
一方、プヨから解毒薬を盗み逃げるムヒュル。それを追うプヨの軍隊。
待ち伏せに会い、孤軍奮闘、ひとりでプヨ兵と戦うムヒュルであった。

解毒剤をヨンの元へ届けるムヒュル。
この解毒剤を持って、王宮に戻って、王様が危篤…とヨンから聞き、宮殿に向かうムヒュルであった。

申し訳ありません…と言うムヒュルの前に、膝まづき、許してください。少し前に王子様の身分が分かっていたのに、その事実を隠しましたと言うヘアブ長官。
受け入れることができません。どうやって受け入れたらいいのですか。父母を殺し、この国を滅亡させる運命なのに…と言うムヒュルに、王子様がしなければいけないことはこの国を守ることです。ヘミョン王子が王子様が運命を乗り越えれば、大王になれるとおっしゃいました…と説得するヘアブ長官だが…。

気がつくユリ王。
神殿の地下で、ムヒュルに会うユリ王。
天の啓示を受けながら、何で私を助けたのですか…。今からでも私を殺してくださいと言うムヒュルに、俺の息子として、王子として受け入れる…。どんな試練が来てもお前は俺の息子だ…と言い放つユリ王であった。

一方、プヨ国、テソ王の配下がヨンを拉致し…。
偶然通りがかったムヒュルがプヨのフギョン(黒影)と戦い…ヨンを助け出すのであった。ムヒュルの治療をしながら、フギョン(黒影)が私達の行方を知ってしまったから、危険だわ。早く逃げないと。どこへでも行くわ…と言うヨンを抱きしめるムヒュル。ここを逃げようとしたのは、現実から逃げようとしたからです。そんな考えがバカだったことに気がつきました。もう、逃げません…私に何があっても驚かないで下さい。お嬢様を守るという約束は必ず守ります…とヨンの手を握るムヒュルであった。

全ての配下を宮殿に集め…。
街で噂されている第3王子のことは知っているな。民は第3王子の為にこのような不吉なことが起ったと思っているが、伝染病も誰かが意図的に毒をまいたことが発覚した…と言い放つユリ王。
そこへ、ムヒュル王子が入ってくる。
この子が俺の第3王子、ムヒュルだ…と言い放つユリ王であった。

王子として認めません。王子とするなら、我々は王に従いません…と言い放つチョルボン城主に、私の存在が貴方達に歓迎されないことはよく知っています。しかし、私に機会を下さい。私自身が自分の運命が不吉でない事を証明する機会をください。時間を下さい。全ての者が納得できる功労を成せなければ、貴方達の信頼を得られないなら、私自ら命を絶つ…と言い放つムヒュル王子であった。

宮殿にヨンを呼ぶムヒュル。
ムヒュル王子です…ヨンに言うマロ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .