韓国ドラマ「風の国」20話

スポンサーリンク

韓国ドラマ「風の国」20話あらすじ(ネタばれ)です。                            

主演:ソンイルグック(ムヒュル役)、パクコンヒョン(トジン役)、チェチョンウォン(ヨン役)、チョンジニョン(ユリ王役)、イチョンウォン(ヘミョン役)、オユンア(ヘアプ役)、キムジェウク(チュバルソ役)、チャンテソン(マロ役)、キムサンホ(マファン役)

ムヒュル王子が祭事に参加している最中に…。
鉄器工場をスパイしようとして捕まるマロ、マファン。
テソ王から受けた酒に毒が…。
俺の配下と戦って負けたら、お前の配下を殺す…と言い放つテソ王。
戦いの最中に、目が見えなくなるムヒュル王子。
危機一髪の所へ、目を閉じ、音を聞き、テソ王の配下を仕留めるムヒュル王子であった。

高句麗に戻り、プヨは戦争の準備をしています。軍馬と食料を沢山準備している証拠を見せ、私の考えが合っていれば、高句麗を攻めるつもりです…とユリ王に、報告するムヒュル王子。

自分が国境の兵士の面倒を見ます。兵士を鍛えなおします…とユリ王に、進言するムヒュル王子。
国境守備隊の元へ。
国境守備隊長を鞭打たせ、守備隊長が流した血は、何の苦痛もない血だ。本当に苦痛なのは、敵の剣でお前達の父母や兄弟達が流す血だ。俺がコイツを鞭打ったのは、お前達とお前達の家族を危険な目に合わせたからだ。覚えておけ。お前達がここにいる理由は、お前達が大切にしている全ての人を守ることだ。ここにいる全ての者が大切にしている者を危険にさらす者は、絶対に許さない。分かったか…と国境守備隊に叫ぶムヒュルであった。

柵を補強し、守備隊を訓練させ、国境守備隊を補強させるムヒュル。
一方、ヨジン王子の母(王妃)に、ヨジン王子の世継ぎ式に、ヨンがいたことがばれ、お前は誰なのか…とヨジンの叔父に拷問されるヨン。
国境守備隊を回り…半年が過ぎ…、プヨ軍が進軍して来た…とヘアブ長官がムヒュル王子の元へ。次話へ。

スポンサーリンク

This entry was posted in 風の国 and tagged .